のんびり皇居さんぽ

台風の影響でお天気が不安定だった今年の御盆休み
皆さまいかがお過ごしでしたか?

私はと言うと、家族で旅行に出かけたり
のんびりお散歩を楽しんでいました♪
そんな今回のタイトル「のんびり皇居さんぽ」

実は皇居周辺が大好きな私。
学生時代…
皇居のすぐ近くに校舎があったにも関わらず
その頃は皇居内をお散歩することもなく
スクールライフを謳歌!?していたのですが、
大人になって改めて皇居周辺の居心地の良さを再確認。
今では気分をリフレッシュしたいな~なんて時に
ふらっと皇居を訪れています。

昨日はお盆休みの最終日
ドライブがてら都内に出かけ皇居内をお散歩してきました。

すれ違うのは外国人(むしろ日本人はいない)
空いていて、のんびり散歩にはぴったりな日。

お散歩途中、休憩所にある売店へ立ち寄り
素敵な「菊の御紋」入り金平糖ケースを発見。

重厚な作りで桐の箱入りなのに
お値段は1200円ほど。(ん?1300円だったかな?)
思わず自分へのお土産に購入♪

この菊の御紋は「十六八重表菊」とも呼ばれている家紋で、
数えてみると、花びらが十六枚あることが確認できます。
「八重菊」を家紋にしたもので、
1869年からは天皇(と東宮)しか使用できない家紋として
正式に認定されたそうです。

思いがけない素敵な出会いの品
令和元年の記念として、ずっと大切にしたいと思います。
ちなみに、他にも色々なグッズがあり
見ているだけでも楽しめますよ。
皆さまも是非、お暇な時にのんびり皇居で散歩を♪

そして本日、お盆明け最初のレッスンで
私のティンシャ(レッスン中に鳴らすアレ)の模様が
菊の御紋そっくりなことに気付きました。
何だか不思議な出会い。運命!?

のんびりChaiさんぽ
また何かあったら報告します(^^)
ではでは。

皇居 空
皇居 お堀
皇居 さんぽ
菊の御紋 金平糖ケース 皇居 お土産
菊の御紋 皇居 お土産
ヨガ ティンシャ 楽器

なまえのないねこ

現在、スタジオも住居も建て替え中につき
仮住まい先での生活を満喫しております。
振り返ると、旧スタジオにはニャンコちゃんたちが数匹、
毎日のように塀をつたって庭に遊びに来ていました。
それはどこかの飼い猫だったり野良猫だったり、
その色柄大きさは様々。
レッスン中に窓の外で猫たちがのんびり塀を歩いたり、
塀の上で日向ぼっこをする姿は
この時代、なかなかの風情ある光景。
建物を取り壊してしまった今「あの子たちはどうしてるかな…」と
思い出すこともしばしば。


そんな中、今の住宅でも一匹の可愛いニャンコちゃんと遭遇。
それは朝と夕方になると決まってエントランスにいる茶トラの小ぶりな猫。
ここ(仮住まい先)は集合住宅。
家の中では飼えないので、この子はきっと野良猫。(たぶん)
エントランス前を通ると、時折誰かがご飯をあげている。
それは不定期で、決まった時間はない。
ご飯をあげている様子を見るとみんな優しい笑顔。
きっと皆んなこの猫に癒されている。
私もそのうちの一人であることには間違いない。

気が付けばその猫の様子を家族にも伝えるようになり
初めの頃は「あのニャンコ」と、それがまるで名前であるかのように伝えていました。
そう言えばあのニャンコには名前がないのだろうか?」
ある時ふとそう思い、エントランスを通る時に誰かが名前を呼ばないかどうか
ご飯をあげる様子を横目に
同時に耳を澄ませながらそばを通ること数回。
何度かチャレンジするも、結局名前を呼んでいるのを聞く事は出来ず
聞こえてくるのはニャンコちゃんのそばにいる、おばちゃんたちの井戸端会議…。

そんな矢先、ふらっと立ち寄った本屋さんで
何かに見つめられているような気配を感じ
その先に目線を移すと
そこには表紙に「あのニャンコ」そっくりの猫が描かれた一冊の絵本が。

思わず手に取り、タイトルを見ると
「名前のないねこ」
表紙をめくり絵本を読んでみると…
それは名前のない「ある一匹の猫」のお話。

〜主人公の猫は一匹の野良猫。
周りは名前を持っている飼い猫たちばかり。
名前があるっていいな。名前が欲しい。
猫は自分の名前を探しに街中を歩きはじめます。
名前のある猫たちは八百屋の看板猫だったり、
可愛がられている飼い猫だったり、自分とは違う。

名前探しに疲れ、雨が降ってきて
雨宿りは公園のベンチの下。
赤い傘をさした1人の幼い女の子がベンチを除き込む。
そして
「目がメロン色だね。メロンちゃん」と呼ばれるのです。
それから赤い傘の女の子とお母さんの後を嬉しそうに付いて行く。
歩きながら主人公の猫は「僕は名前が欲しかったんじゃない。
名前を呼んでくれる人が欲しかったんだ」と呟いて終わる。
〜そんな物語。

名前をつけてもらうという事は
誰かに受け入れられるということ。
欲しかったのは名前そのものじゃない
名前を呼んでくれる人
愛してくれる人
可愛がってくれる人
猫は様々な経験を通して
最後に自分が本当に欲しかったものに気付くのです。

その後、女の子に飼われたのかどうかはわかりませんが
切なくも最後は何だかほのぼのするストーリー。

ところで…クーリアでは生徒さんを呼ぶ時に
必ず下のお名前で呼んでいます。
その理由は
皆さんが一旦、普段の肩書きを捨て
一人の女性として
ご自身の大切な心と身体へ素直に向き合える、
そんな時間を過ごして欲しいから。

人間には生まれながらに自分だけの名前がある。
ところが大人になると、〇〇さんと苗字で呼ばれたり

〇〇ちゃんママだとか
〇〇さんの奥さんだとか
自分の下の名前で呼ばれる機会が少なくなってしまう。
そして、いつのまにか
「名前で呼ばれたのって最後はいつだっけ?」なんてことに。

大人になると肩書きが色々付いてくる。
その肩書きで名前が消されてしまう。
その肩書きは自分が欲しくて手に入れたものもあれば
そうでないものも。
そしてそれが時々鬱陶しく感じることがある。

本当の自分て何?
そんな風に思い悩み苦しんだら
きっとそれは肩書のせいかも知れない。
そんな時は一旦肩書を忘れ
肩書のない場所で過ごしたらいい。

絵本の中の猫がはじめに欲しがっていたのは
「名前のある猫」という肩書き。
野良猫」ではなく自分だけの名前。
のちにそれが自分の欲しかったものとは違うことに気付く。

あなたがもし今
何かの肩書に拘っているとしたら
それを手に入れたら人生はどう変わりますか?

肩書だけで幸せになれますか?
あなたにしかない「何か」に惹かれ
近くにいてくれる人
あなたの存在だけで寄り添ってくれる人
無条件に愛し受け入れてくれる人
そんな人たちがいるならば
むしろ肩書なんてどうでもいい。
何て呼ばれようと「あなた」であることに変わりはない。
必要なのはあなたがあなたらしく生きること。

あなたらしく生きていれば
その存在を愛おしく、必要としている人と
きっと巡り会える…

優しい笑顔で
あなたの名前を呼んでくれた人を大切に。。。



ちなみに、我が家は「あのニャンコ」を
「きなこ」と名付けました♪

例え野良猫でも、もしかしたら飼い猫でも
そして他に名前があったとしてもそれは関係ない。
私たちにとってこの子はきな粉色した「きなこちゃん」だから。

毎日近所に「きなこちゃん」がいて
愛おしく、皆んなを笑顔にしてくれる
その存在自体に感謝しかない。。。

お陰さまで9周年。

Cooria
9th Anniversary✨

2010年7月1日に誕生したCooria(クーリア)は
本日お陰さまで「9周年」を迎えることが出来ました。
今日からいよいよ10年目に突入。
2020年は新しくスタジオが完成予定です😊
より一層、皆様に心地よい空間と
素敵なひと時をお届けするために
邁進させて頂く所存です。

引き続きどうぞ宜しくお願い申し上げます。
Chai

Chailog:梅雨を最適に過ごすための薬膳茶

6月は「湿邪(しつじゃ)」と呼ばれる湿度が悪さをし、
体の不調を引き起こします。
中でも、体の内側に水分が溜まり悪さをすることを「内邪(ないじゃ)」といい、
内臓を冷やし、胃腸消化器系の調子が悪くなることもしばしば。
そんな時におススメなのが以下の薬膳茶ブレンド。

トウモロコシのひげ
黒豆
ハトムギ
キンモクセイ

身近なところで手に入りやすいのが、
白いひげを乾燥させて作ったトウモロコシのひげ茶とコーン茶。
コーン茶は韓国で日常的に飲まれているお茶で、
とうもろこしの実の部分を乾燥させて作ったお茶。
実で作ったお茶は甘みがありくせもないので、
渋いのが苦手な方やお子様でも飲めます。
これらトウモロコシのお茶は、カリウム、鉄、食物繊維など
体にいい成分がたっぷり含まれており、
体の余分な水分を排出し、除湿作用、デトックス作用があります。
日本で一般的な麦茶は体を冷やす作用があるため、
暑い夏が来る前のジメジメ時期は
このトウモロコシのひげ茶orコーン茶が大変おススメです。

摂取した水分を一箇所に溜めずに巡らせる。
水分を巡らせるには肺が要。
深い呼吸で肺の機能を高め、
水分を全身に巡らせるように心掛けてみて下さいね。

CooriaのCarerepe®︎(ケアレピ)レッスンでは、
季節の変化に順応出来る心と体作りをアドバイス。
ヨガ、薬膳、ツボ押し、アロマ、解剖学、ストレッチなど、
様々な視点から心身共に快適に過ごすコツをじっくりとお伝えしています。

終わりと始まりの狭間

YOGA Cooria ヨガスタジオ


2019年3月29日
クーリアは一つの終わりを迎えました。

横浜 ヨガスタジオ クーリア


2010年7月にオープンしたスタジオ。
全てが始まったあの場所で最後のレッスン。
オープン当時から付けていた看板を取り外すことに。

前回のブログで「変化」について少し触れていたのですが
その変化、実は。。。
スタジオの建て替えを行うのです。(やめませんよ〜w)

今年はクーリアにとって重要な年。
2020年の10周年という節目に向けて変化がスタートした年。

通われている生徒さんには前々からお伝えしていたのですが、
新しくご入会をご希望の方には、
「近日中にワークショップは開催しないのですか?」とのお問い合わせも多く頂くため、
「決まり次第ホームページにて募集をしますね」と曖昧なお返事しか出来ずにいました。

なぜなら、このスタジオを知って頂き、
ホームページでレッスン風景などを見て気に入って下さった方がいざご予約頂いても、
実際にそこでレッスンできる日がいつまでなのか定かではなく
イメージした空間と違っていたらがっかりさせてしまうから。
そのため、ワークショップやプライベートレッスンは確実に前のスタジオで開催出来る
今年の2月までで一旦終了にしておりました。

建て替えの計画〜実行、
これが本決まりになるまではっきりしたことをお伝えすることが出来ず、
この度このような事後報告となってしまいご存知で無かった方には本当に申し訳ありません。

今回のリニューアルは、敷地を全て真っさらな状態にし、全く違う空間に。
その理由の一つは老朽化。
スタジオを始めた時、既に築30年が経っていた建物。
きちんとメンテナンスをしてこなかったせいもあり、
大工さんからも「水道管等が劣化するから後10年位かな〜」なんて言われ、
「まだ10年もあるじゃない♪ 」なんて呑気に過ごしていたら
あっという間にその時が来てしまったのです。(10年て早い…)
そして、10周年という節目を期に
より居心地のいい場所を作りたい!そう願っていました。

「2020年は新しいスタジオで心機一転!」
そんなワクワク感と共に過ごしていた数ヶ月前。
でも、解体の時が近付くと共にワクワクから少し寂しい気持ちへと変化して来ました。
「古き良き」とか「変わらない良さ」とかそんなキーワードばかりが頭に浮かび、
この場所で過ごす時間が掛け替えのないものとなっていたことに改めて気付き、
「やっぱりこのままで?いや、老朽化しているのだから無理だわ」と、自問自答の繰り返し。
そんな風に時は過ぎ、とうとうスタジオは一旦終了の日を迎えたのです。

で…今は
〜終わりと始まりの狭間〜

ヨガのレッスン等は全てもう一つの場所
スタジオから程近い
第2サロンにて開催中です。

ここは2013年に作ったもう一つのクーリア。
古民家風のあの場所とは全く違うテイストで空間を作っています。
前スタジオ終了から2週間、引っ越し等でお休みを頂き、
今はこうしてレッスンをここで行い、
久しぶりにのんびりブログを書いています。(ブログ…やっとです。。。)

ヨガの呼吸
「吸って吐く」
この吸って吐くの行為にも
必ず「狭間」があります。
そしてその狭間は
吸っていなければ吐いてもいない静寂の間。
そして、吸うと吐くを繋いでいる大切な間。

クーリアは今、正にその「狭間」にある。
古い場所から新しい場所へと変化する合間の時。

一見、途中の無駄な時間に思える時が
実はとても大切で
この先の未来の形を作る上で必要不可欠な時間。

もしこの時間が無かったら
きっと何を手放し
何を残し
何を手に入れるべきか
それすらもわからなくなってしまう。

「狭間」
寂しさとワクワク感とのその間にあるこの時間は
今から約9ヶ月。

新しいスタジオが完成した頃
この狭間が過去と未来を繋ぎ
きっと新しく心地よい空間が誕生する。

そこは、きっともっと自分らしい場所。
終わりと始まり
そして狭間を越えて…。

皆さんの狭間はいつでしたか?
呼吸は心地よく出来ていますか?

狭間の場所であり
大切な心地よい空間で
今も皆様をお待ちしております。

一旦このような↓空間でも気に入って下さる方は是非♪
素敵なご縁を頂ければ幸いです。

横浜 港南台 ヨガスタジオ クーリア
ヨガスタジオ クーリア
ヨガスタジオ 横浜 クーリア
ヨガスタジオ 港南台 クーリア







Chailog:女性に嬉しい 紅茶とバラの薬膳茶


寒い日の午後は
温かいお茶でひと休み
寒く乾燥する季節気も停滞しやすく、免疫力も低下ぎみ。

そんな日は…

「紅茶と薔薇」で補います。
薬膳の源流である中医学では、
古くから植物のもつ性質を観察しながら人々を治療してきました。
そして、自然から採れた治療薬を「生薬」と呼びます。

紅茶はタンニンやカテキンが含まれており、
タンニンはポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用があります。
カテキンには殺菌力があり、インフルエンザウイルスにも有効とされています。

そして、心地よい香りの薔薇。
薬膳茶の中でも人気の薔薇(マイカイカ)は
「理気、解鬱」の作用があると言われ、
滞った気を動かして、鬱積したものを解除します。
血液循環を促し、美肌、ホルモンバランスを整える作用もあるため、
女性には嬉しい効能が一杯。
生理中はもちろん、生理前後の免疫が低下しやすい時期にもおすすめです。

クーリアでは、ケアレピヨガレッスンの最後に
オリジナルブレンドの薬膳茶を召し上がって頂いております。
一般ではなかなか手に入りにくいものもありますが、
薔薇と紅茶のブレンドは、手に入りやすく、紅茶専門店など、
お店に置いてあるのをよく見かけます。
晴れた日の午後、ゆったりお散歩がてら、のんびりお茶探しも楽しいですよ♪

クリスマスに感謝とご挨拶

今日はクリスマス
今年のレッスンも残りわずか。
こうしてこの場でブログを書くのも久しぶりです。

前回ブログを書いた後、
最愛の父が亡くなり、同時に新しい家族も増え
悲しみと喜びが入り混じり
慌ただしく過ぎて行った今年の後半、
長文を書こうとすると個人的な思いが溢れそうになるから
しばらく書くことをお休みしていました。

更新されないブログページ
そんな中
「どんな先生なのかお会いしてみたくレッスンに参加しました」
「過去のブログを殆ど読ませて頂きました」
など、嬉しい言葉と共に来て下さり、
今年も混雑状況を考慮し、
少しずつですが入会をご案内することが出来ました。
このご縁に心より感謝しております。

ご縁て…本当に不思議なもの
必要な時に自然と必要な人がそばにいる。

自分にとって大切なものは何か
必要なものは何なのか
心の中で明確にならなくても
周りを見渡せば見えてくる。
「縁」がその答えを教えてくれている。

縁とは波長が引き寄せるもの
波長が合った時
その縁は自然と繋がれていく。
場所、空間、人
縁がなければそもそも気にならない。
少しでも気になるなら
それは縁の結びつき。

頭で描いていたことが
実際にカタチになって現れた時
それは不思議な縁のチカラ
皆さんの人生にはきっと
そんな不思議が沢山散りばめられている。

縁ある人のために
来年のクーリアは変化します。
それは、私がスタジオをオープンした8年前から
いつかこんな風にと、思い描いていた変化です。

どんな変化なのか
それはまた、新しい年のお楽しみ。

これからもご縁のある方々へ…
素敵なひと時をお届け致します。


クリスマスツリーにキラキラのオーナメント。
このオーナメントみたいに
クーリアには素敵な生徒さんが沢山集まってきます。
来年はどんなツリーになるのか今から楽しみです。

それでは皆さま
良いお年をお迎えください。
今年も沢山のキラキラをありがとうございました。

Chai

Chailog:〜サラッフィープラス〜 ブランドサイトオープンのお知らせ

 

私がブランドアンバサダーを務める
「サラッフィープラス」専用サイトがオープンしました。
サラッフィープラス誕生秘話や製品の詳しい内容、
実際に使用された方の声が聞ける「voice」ページもございます。
(私の紹介ページも作って下さいました)

・これから初潮を迎えるお子様
・生理期間をもっと心地よく過ごしたいとお考えの方
・生理用ナプキンやおりものシートが苦手な方
・尿漏れが心配な方
などなど…
幅広い年代の女性が毎日を快適に過ごすために、研究開発された製品です。

サニタリーショーツと言えば…
サラッフィープラス製品と出会うまでは窮屈であまり良いイメージはありませんでした。初めてサラッフィープラスを履いた時、その布地の心地よさと程よいフィット感に思わず笑顔になったのを覚えています。ショーツ一つで生理期間が快適になる…皆様にも笑顔をお届けしたい!そんな思いでこちらの製品をお勧めしております。

スタジオでは私の一押し製品の販売はもちろん、
実際に様々な製品サンプルをお手に取ってご覧頂けます。

サラッフィープラスのブランドサイトはこちら↓
https://saluffyplus.com

Chailog:リンツチョコレートセミナーに行ってきました♩

リンツチョコレート テイスティングセミナー Chai Cooria

スイスの老舗チョコレートブランド「Lindt」
リンツチョコレートのアンバサダーをさせて頂き、間も無く1年。
あっという間でしたが
お陰様でこの1年間は沢山のリンツチョコレートを楽しむことが出来ました。

そして先日…
噂の「リンツチョコレートテイスティングセミナー」へ。

リンツでは、様々なフレーバーのチョコレートをテイスティングすることによって
リンツのチョコレートの美味しさを発見していただくことを目的に、
リンツショコラカフェ 自由が丘店で毎月定期的に
「リンツチョコレートテイスティングセミナー」を開催しています。

チョコレートの奥深〜い世界を堪能できると聞き、
以前から行ってみたいなぁ〜と思っていたのですが
ご招待して下さり、やっとその機会を頂くことに。

会場はリンツ自由が丘店。
まずはウェルカムドリンクのアイスチョコレートでお出迎え。
笑顔の素敵なスタッフの方から熱心に
チョコレートの歴史やリンツ誕生秘話などを学び、
最後はリンツの板チョコレート「エクセレンス」8種類をじっくりとテイスティング。
和気あいあいと楽しい時間が流れ、あっという間の2時間でした。

なんと!お帰りの際には嬉しいお土産も頂けちゃうんです。
何が貰えるかは学んでからのお楽しみ♪
美味しいチョコレートを堪能しながら、「なるほど~!」が一杯なひと時✨
皆さまに全てお伝えしたいところですが…
是非一度、皆さまもリンツのセミナーへ行かれてみてはいかがでしょうか?
チョコレートの奥深さを楽しく学んで頂ける素敵な時間になること間違いなしですよ。

ちなみに、私のお気に入りは
リンツエクセレンスのカカオ80%
99%を持ち歩くことも多いのですが、
今回テイスティングをしてみて、
80%は70%よりも酸味が少なくコクもあって深い味わい。
すっかりお気に入りです。

そして、この時期のリンドールはグリーンの包みの「抹茶」フレーバー。
先日はヨガレッスンの最後に皆様へご提供。
お茶と一緒に召し上がって頂きました。
抹茶味もとっても美味しいのでオススメです。

Chailog:リンツ チョコレート テイスティングセミナー Chaicoria Chailog:リンツ チョコレート テイスティングセミナー Chaicoria

Chailog:リンツ チョコレート テイスティングセミナー Chaicoria Chailog:リンツ チョコレート テイスティングセミナー Chaicoria

Chailog:リンツ チョコレート テイスティングセミナー Chaicoria Chailog:リンツ チョコレート テイスティングセミナー Chaicoria

Chailog:リンツ チョコレート テイスティングセミナー Chaicoria Chailog:リンツ チョコレート テイスティングセミナー Chaicoria

Chailog:リンツ チョコレート テイスティングセミナー Chaicoria Chailog:リンツ チョコレート テイスティングセミナー Chaicoria

Chailog:「酸梅湯」ってご存知?

クーリア ケアレピ 酸梅湯

 

今月のケアレピヨガレッスン
皆様にお召し上がり頂いている薬膳茶は
「酸梅湯」(さんめいたん)
このお茶ご存知ですか?

今回は少し癖がある!?お茶なので
レッスン後のゆったりとリラックスモードな皆様へのご提供に際し
美味しく召し上がって頂けるかちょっと不安w
まずは酸梅湯の材料と効能をご紹介。

 


・烏梅うばい):梅の実を燻製にしたもの
解熱・腹痛・健胃整腸作用。
・洛神(ハイビスカス):ハイビスカスの花びら
美肌や疲労回復効果が高く、利尿作用で浮腫予防や高血圧の予防にも。
・山査子(さんざし):山査子の実
消化を促進・胃もたれや消化不良を解消。血の巡りも改善。
・桂花(キンモクセイ):キンモクセイの花
肝や胃の働きを助ける。
甘草(カンゾウ):マメ科の植物
解熱・解毒・抗ウイルス作用・整腸作用。


7月は暑さも一気に増し
外に出ればギラギラの太陽で熱を吸収。
その熱が体内に篭ってしまうと怠さや疲れを引き起こし
一気に夏バテモードに。

そこでこの酸梅湯。
酸味が活力を与え、気分もリフレッシュ。
熱を冷まし、喉の渇きを潤します。

どんなお味かと申しますと…
まず、湯気の香りは何とも言えない土のような香り。
そして一口飲んだ瞬間「あ、酸っぱい!」と声が出てしまう。
梅の香りとキンモクセイの香りも口の中に広がり
初めはちょっと不思議な感覚になりますが
香りと酸味が癖になること間違いなし。

レッスン後の皆様も
「全然平気です〜。癖があるけど美味しい♩」と仰って頂けました。(ほっ)

ちなみに酸梅湯は台湾では定番の飲み物で
ペットボトルでも売られている程。
日本だと横浜中華街や輸入食品店でも手に入ります。
ちなみに販売されているのは濃縮のシロップタイプ。
クーリアでは無糖でお出ししますが
お茶に氷砂糖を入れて飲む方が多いそうです。

美肌やホルモンバランスの調整と
女性に嬉しい効能もいっぱい。
街で見かけたら是非トライしてみて下さいね。

ケアレピヨガレッスンでは、
季節の変化に順応できる心と体を目指すため
季節特有の様々な不調を予防・改善し
日々を快適に過ごすためのケアレシピをお伝えしています。

さて、来月はどんなお茶が登場するでしょうか?
どうぞお楽しみに♩

ではでは
Chai

ヨガ クーリア8周年 大切な場所

横浜港南台ヨガスタジオ クーリア

7月1日はCooriaの記念日。
お陰様でスタジオオープンから8周年。
残念ながら今回の節目は特に何かイベントを開催する訳ではありません。
(イベントは1・3・5・7・10周年…のみ!?)
そんな8周年を迎えたクーリアですが

先日、以前通われていた生徒さんからこんなメッセージが…

「先生、大変ご無沙汰しております。色々忙殺され時間が経って連絡し難くなってしまいました。その間も先生のヨガクラスの有りがたさをいつも感じており、思い切ってご連絡しました。もしお許し頂ければ又レッスンを受けさせて頂きたいのです。又是非生徒に復帰させて頂きたく、お返事をお待ちしております。」と。

そのメッセージはとても嬉しく
またお越し頂けることに大変恐縮な思いと感謝の気持ちで一杯です。

クーリアでは、レッスンに来れなくなってしまった生徒さんに対して
基本的に「どうしたのですか〜?」「またお待ちしております!」
的なご連絡は一切しません。

なぜなら、会員さんの人生には時に想定外なことが起こり
生活環境が突然変わってしまい、
のんびりヨガを楽しんでいる場合じゃ無くなることも。
お会い出来なくなるのは寂しいですが、それはしょうがないのです。

ヨガの教えの軸である
「心と身体を繋ぐこと」
それが、自分の心と向き合い
平穏を保つことが大事だとわかっていても、
今もしどうしようもない状況の中で向き合うべきものが他にあるのなら
まずは流れに逆らわずそれと向きうことも大切。

しばらくお休みしていらっしゃる方は
皆さんのタイミングで遠慮なくいつでも戻ってきて下さいね。


スタジオでは日々
入れ替わり立ち替わり
様々な種類の猫たちが通り過ぎる。

塀の上を歩く猫、石の上を自由に歩く猫
時々私たちがレッスン中に
ほんの少しの時間立ち止まり
窓ガラス越しにこちらを
興味深く眺めている猫もいます。

あの猫、最近見かけないな…なんて思っていたら
ある日またのんびり塀の上でお昼寝していたり
自由気ままな姿に思わず笑みが溢れる。

スタジオの窓から眺める庭の景色は
寝たちにとってまるで休憩所、または通過点。
8年という時の流れの中で
実はそれがとても大切な場所だと気付いた。

皆さんが目指す目的地
そこに向かう途中で
それが何なのかさえ見えなくなる時
道に迷う時
立ち止まりたくなる時
ただのんびりしたくなる時

クーリアが
皆様の人生の中で
行ったり来たり何度でも通れる
何度でも立ち止まれる
大切な場所でありますように…。

「皆様の大切な場所」として守り続けた8年間。
そして9年目のはじまり。

今日も「ここ」で
8年前から変わらぬ気持ちで皆様をお待ちしております。

のんびり
塀の上の猫を眺めながら…

 


はじめてヨガ
●はじめてヨガワークショップ
2018年7月31日(火)開催
ヨガをはじめたい方
ヨガをまたはじめたい方
クーリアのレッスンがはじめての方が対象です。

ヨガ初心者でも
ヨガの経験者だとしても、
クーリアのヨガがはじめてならみんな同じ。
それぞれが自分の人生の中にクーリアを加えていくための
「はじめて」の時間。

今回も新しい出逢いを楽しみにしております。

空から飛んできた幸せの種

山梨県人権の花運動

2018年も半分が過ぎ
一年で最も昼の時間が長くなる「夏至」。
夏至は振り返りと再スタートの日とも言われています。

2018年上半期も様々な出来事がありました。
生きていれば本当に色々なことが起こります。

そして、この節目に何を思うのか
過去の出来事から得る「気付き」とは何なのか?
改めて自分の心と向き合いながら過ごした夏至の日。

その翌朝…
なんとスタジオに、
思いもよらぬプレゼントが空から舞い降りて来ました。

それは…「種」
可愛いメッセージ付きの種袋。

赤い風船に付けられた黄色い紙には
「山梨県人権の花運動」
「山梨大学付属小学校」
「名前 ●●●●」
「思いやって生きよう」と書いてある。

山梨!?
風船てそんな遠くからここまで飛べるの?
と驚きの中、

インターネットで早速調べてみると
こんな記事が↓

「人権の花運動」
http://www.moj.go.jp/jinkennet/yamanashi/yamanashi_hana.html

人権の花運動とは「花を育てることで命を大切にし、思いやって生きる気持ちを育む運動」と書かれ、子供たちが風船を飛ばす姿の写真が掲載されていました。

その記事を読み、
改めて風船に付けられていたメッセージを読んでいたら思わず涙が…。

「与えられた命を大切に今を生きる・大切な人たちを思いやり助け合う」
それが夏至を境に改めて心に抱いた私の思い。

偶然にもそれと似たようなメッセージが空から届き
思わず涙が溢れてしまったのです。

それにしても不思議なことってあるものです。
たった一人の子供が書いたメッセージ。
誰に届くかもわからないで飛ばしたのに
ちゃんと必要な人の元へ。

中には届かないメッセージもあるでしょう。
でも、信じて発信し続けることが大事。
だってこうしてちゃんと必要な人へ届いたから。

涙が引いた後、私は小学校へ連絡し、種が届いたことを知らせ、
感謝の気持ちを伝えました。
すると、「子供たちに伝えますね!ありがとうございます!!」と
先生にも喜んで頂け、私もしあわせな気持ちに。

受け取った人の「ありがとう」の言葉が
その活動の意味となり、
この先もより多くの方へ種を届ける原動力になる。
そして受け取った人から感謝の気持ちが子供たちにも届けば、
行動を起こすことの大切さを知るでしょう。
そして生きること・生きて行くことの意味も知る。

「ありがとう」の言葉や人を思いやる気持ち、
それはまるで「しあわせの花」を咲かせる種。

咲いても咲かなくても種を蒔く
その行動が、いつかきっと
誰かの心の花を咲かせる。

空から飛んできた幸せの種を蒔き
咲いた花を大切な人と笑顔で眺められる日を
私もワクワクしながら待ちたいと思います。

皆さんの心の中にもある「しあわせの種」
それもきっと誰かのために…。