Chailog:悲しいお別れ

 

Cooria de shopping カノカロ

大好きだった「カノカロ」
スタジオの立ち上げ時に生徒さんから頂いて一瞬でハマってしまった
美味しいジンジャーシロップ。

あまりに美味しくて直接作り手の佐賀さんにご連絡をし、
スタジオまで配達して頂いていました。
カノカロは保存料も入っていないし、作り手の想いが込められ、
安心してお取り扱いをしていたスタジオの商品。
あれから7年。
毎回レッスン前には必ず生徒さんにお召し上がり頂いているホットカノカロ。
そんなカノカロももうスタジオでご提供出来なくなってしまうかも知れません。

佐賀さんは湘南でお店も経営され、サーファーなので海に入り、
いつも元気そうでしたが、数年前からご病気をされていてとても心配でした。
「大腸にポリープが見つかってさ〜」なんて明るく笑いながら
レッスンの合間に時間を合わせ、配達して下さっていたのが5年前位。
最後に発注でやり取りさせて頂いたのが9月末。

そして昨日、お亡くなりになられました。

長くスタジオを運営していると、本当に色々な場面に遭遇します。
特に親しい業者さんとの様々なお別れはとても悲しく残念。
倒産したアパレルブランドや辞めてしまうご担当の方、亡くなられる方など…。
そして毎回思います、スタジオは様々な方々に支えられ運営出来ているのだと。
私が提供出来るのは空間とレッスン、そしておもてなしだけですが、
物販を楽しみにして来て下さる方もいて、
それを支えて下さるのが商品を扱わせて下さる業者さんたち。
素敵な商品のお陰で生徒さんたちのワクワクしている姿を見るのが大好き。

アパレルでも食品でも美容品でも…
やはり私はこの先、関わる一つ一つのブランドの想いを大切にして、
一緒に育って行きたいと思います。

カノカロを頂きながら今までを振り返り…
心から感謝とご冥福をお祈り致します✴︎

Chailog:カラーセラピストに必要なこと

Chailog 先週末はカラーセラピスト育成の指導(勉強会)でした。
勉強会はカラーセラピストライセンス取得後
3ヶ月に1回のペースで勉強会を開催。

同時期にライセンスを取得した方々でグループを組み
ほぼ毎回同じメンバーで集まります。

今回は始まって早々に
「隣の部屋の床にあるカードから選んできて下さい」と課題。
何を選んでいるのかは秘密ですがw
皆さん「あーこれもあるわ」とブツブツ言いながら選んでおります。

もちろん、この後は色の学びもたっぷりですが
講座中は「色」だけでなく
様々なワークを行い、まずは自分自身と向き合います。

カラーセラピストに必要なのは
色の知識だけでなく「人間力」も大切。

クーリアで色彩心理のあれこれを学ぶと
自然に人への寄り添い方が変わります。

苦手だと感じていた人や物事も
そして自分自身も…

「カラフルに色々あっていいんだ♪」
と考え方が変わるのです。

カラーセラピストへの学びは
自分自身にとって、心のメンテナンス時間。

心地よい自分と出会えた時
その心地よさを
ご家族やお友達・周りの人に与えたい
きっとそう思うことが
セラピストの第一歩。

クーリアではカラーセラピストさんを募集しています。
自分と素直に向き合い、相手に寄り添う気持ちがあれば
誰でも素敵なセラピストさんになれますよ。

詳細はこちらをクリックしてご覧下さい。

 

 

Chai’s Aroma Talk:センチメンタルな気分になったら…

Chai's Aroma Talk
9月
暦の上では秋

写真は「秋桜」と書いて「コスモス」
風に揺れる感じがとても可愛い野花。
山口百恵さんの有名な歌の題名でもありますが
曲も歌詞もなんだか哀愁漂う感じ。

そう、秋は「哀愁漂う」「センチメンタル」な季節。

夏の暑さも終わり
落ち着いた頃にふと、物思いにふけてしまう…
誰もが割とそんな時期なのです。

今回はそんなセンチメンタル気分から抜け出し
行楽の秋・食欲の秋・スポーツの秋に向けて
気分を変えるアロマ(精油)をご紹介します。

センチメンタル気分を脱するには
ほんわかHAPPYな気分に切り替えるのが一番。

と言う訳で

・スィートオレンジ
・ベルガモット
・イランイラン
・クラリセージ

この辺りが精神高揚・抗うつ作用が期待される精油。

スィートオレンジはほっと寛ぎたい夜にオススメの香り
ベルガモットは元気を与えてくれる香り
イランイランはその名の通り!?イライラを解消する香り
クラリセージはハッピーアロマと呼ばれるほど高揚感のある香り

これらを組み合わせて芳香浴するもよし
マッサージオイルとしてセルフケアに使うもよし

ゆったりリラックスすることで
女性ホルモンのバランスも整えてくれそうです。

爽やかな季節になり
心も体も快適なら言うこと無しですね。

秋は何かを始めるのにもぴったり。
アロマにご興味を持たれたら是非
Cooriaへ学びに来てください。

次回「はじめてのアロマテラピー」講座は
2017年11月1日(水)14時〜17時にて開催です。

詳細は以下をクリックしてご覧ください。

はじめてのアロマテラピー

ありがとうが生まれる時

YOGA Cooria

暦の上では秋。
今年は雨が多く夏らしくない夏を越し、
爽やかさが待ち遠しくなる。

9月になりまだまだ蒸し暑さは残るも、
確実に秋に近付いていると感じる
ある晴れた日の朝。

お出かけしないと勿体無い。
カフェでのんびりお茶でもしようかなと…
何となく電車で向かった先は代官山。
乗ったのは穏やかに揺れる各駅停車。

ー 今回のお話はそんなある晴れた日の出来事から ー

車内は久しぶりの快晴とあって
なんだかほのぼのムード。
居眠りする人や楽しそうに会話する人たち。
車内は程よく混んでいて空いている席は一つもない。

ある駅で…
電車内に1人の老人男性が乗って来ました。
だれもが迷いなく『お年寄り』と認知出来る見た目で、
すぐさまドア付近に座っていた若い女性が席を譲りました。
老人は「すみませんねぇ」と言ってそのまま座るかと思いきや、
荷物を座席に置いてから若い女性のところによたよたと歩いて行きました。
そして、「ありがとう!」と大きな声で言い、深々とお辞儀。

思わずその声の方向に目を向ける他の乗客たち。
周りから注目され、ちょっと恥ずかしそうでしたが、
「いえいえ、当たり前のことですから…」と言葉を返す女性。

一部始終を見ていた私は
改めて「ありがとう」の言葉の持つエネルギーを感じながら
様々な想いが頭を過ぎりました。

確か…「ありがとう」という言葉の由来は「有り難い」。
それは「当たり前ではないこと」「滅多にないこと」への感謝の言葉。
つまり、「滅多にないこと」の反対は「当たり前」になるから、
「ありがとう!」と声を掛けた老人と、
「当たり前のことですから…」と言葉を返した女性との間には
正しい会話が成立していることになる。

こんな光景なら微笑ましいけれど、もしもこれが違うパターンで
老人が乗ってきたにも関わらず譲って貰えない状況なら、
きっと老人専用車とかを作ればいいのにとか、譲らなかったら罰金とか、
もっと厳しい規則があればいいのにと思ってしまうかも知れない。

では、もし規則を作り「譲る」という行為がなくなったら…
はたして世の老人たちは皆んな心地よく元気に過ごせるのでしょうか?
規則を守り、お年寄りのために席がいつも空いている状況なら快適なのでしょうか?
もしそうなれば、今回のような「ありがとう!」の声は
きっとなかなか聞くことは出来ないでしょう。

行動や言葉で「ありがとう」の気持ちを表すことは、
人と人との大切なコミニュケーションツールでもあります。
当たり前が当たり前じゃないからこそ、感謝の気持ちが生まれ、
「ありがとう」が行き交う現代。
未来に全てを規則化してしまったら、
こんな言葉を使う機会はなくなってしまうかも知れません。

老人から出た「ありがとう」の言葉はきっと、
「何としても席に座りたかったから」ではなく、
例え座らなくても大丈夫な程の体力があったとしても
女性からの目に見える気遣いに対しての喜びと感謝ではないかと、
私はその「ありがとう!」の言葉の響きから感じるのです。

これから先の未来には様々なものがロボット化し、
益々便利な世の中になるけれど、
ロボットや機械にはない「心」を大切にし続けたい。

無理やりの規則が増えずに減っていく世の中になればと、
「ありがとう!」の言葉から感じる今日この頃。

自分が贈りたい「ありがとう」の感謝の気持ちは
今、いくつあるのでしょうか?
それは「当たり前じゃない」からこそ贈りたい言葉。

皆さんの「ありがとう」は今いくつありますか?

当たり前じゃない
「ありがとう」を贈りたいその一つ一つを大切に…。

YOGA Cooria

代官山でお散歩の休憩に入ったカフェ。
一緒に過ごす家族を目の前にさらなる「ありがとう」が生まれ
温かいカフェラテを頂きながらのんびり会話をしていたら…
なんと、飲んでからしばらくして気付いたハートのラテアート。
ここにもさり気無いおもてなしの「ありがとう」がありました♩
(はじめから気付かずすみません(^_^;)


【お知らせ】
●2017年10月21日(土)開催「はじめてヨガワークショップ」
急遽開催のため募集期間が短いですが
今回も新しい出会いを楽しみにしております。
先着順のため、お申し込みはお早めに。
詳細は以下をクリックしてご覧ください。

はじめてヨガワークショップ

●東京・銀座の老舗「銀座アロマテラピースクール」にて
「アロマ de ケアレピヨガ 1dayレッスン」を開催
2017年11月18日(土):14時〜17時
受講費:5900円
アロマの基本を学び、ヨガや薬膳のお話を交え、
秋冬の季節に順応できるカラダ作りを目指したケアレピレッスンです。
こちらのワークショップはアロマもヨガもはじめての方向けの優しい内容です。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Chailog:ネイルでわかる今のココロ

Chailog by Cooriaおはようございます。
今日は少し肌寒い目覚めですね。

私は朝起きて、ベッドの上でまずはネイルチェック。
寝る数時間前にマニキュアを塗ると…
たまに布団の跡が付いちゃうので目覚めからドキドキです。
そして今回は大丈夫。無事つるつるのまま。

本日のネイルはダークブラウン。
(ダークチョコレートっぽくてちょっと美味しそう)
指先はすっかり秋色です。

今日は土曜日ですが
お昼からサロンにてカラーセラピスト勉強会の開催日。

赤とか青とかは生徒さんたちの視覚に入り心理に影響しやすいので、
講師である私のこんな日のネイルは地味〜な色。

ちなみに、ブラウンの色彩心理は
「安定・グラウンディング・堅実・信頼・継続」こんなところでしょうか。
今、正にこんな心境✴︎

何気なく選んだ色(と言っても私の場合は規制がありますが^^;)
そこから自分でも気付かなかった心の状況を知ることが出来るのです。
今回の生徒さんたちも、一体どんな深層心理が現れるのでしょうか…

選ぶ色で今の心に気付き
未来を心地よくする自分へと変化する時間。

スポーツの秋・勉強の秋・食欲の秋
Cooriaでは未来の素敵なセラピストさんを募集しております。
一緒に「色」を楽しみ学びましょう♩

あ、ヨガのワークショップもそろそろ開催しないとですね。

ではでは…Chai

Chailog:あの!? LUWAK COFFEE を飲んでみました。

YOGA Cooria
昨晩…
親友宅で頂いたLUWAK(ルアク)コーヒー。
このコーヒーはなんと!
インドネシアに生息するジャコウネコの
ジャコウネコの…(え〜っと)
「ウンチ」から採れたコーヒー豆で出来てます。
(ひえ〜!)

と、最初は私も驚きましたが
コーヒー界の中ではとても貴重で高級なものなのだとか。

このコーヒーが作られるまでをご説明しますと
インドネシアに生息するLUWAK:
ジャコウネコ(写真のような)が
コーヒーの実の中でも美味しい部分しか食べないそうで、
その糞の中にあるコーヒー豆を取り出し焙煎。

つまりは美味しいコーヒー豆を厳選してくれる
ジャコウネコさまさま!?なのであります。

あまり深く考えたくないけれど(笑)
世界一希少な最高級のコーヒー豆なんだとか。
(カフェで飲むと一杯8000円のところもあるそうな)

うむ。
確かに深みもあり美味しいのです✴︎
ジャコウネコさんありがとう。

Chailog はじめました。

皆様こんにちは。
CooriaオーナーのChaiです。

YOGA Cooria

手のひらサイズのくろねこ。

家族が、私に似ているからと
買ってくれました。(まあ確かにw)

さて…
こちらでは「ココロのヨガブログ」とは違う
Chaiの日常のアレコレやクーリアからのお知らせなどを
ブログ形式で公開して行きますので
「ココロのヨガブログ」やその他コラム共々
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

Chai

Chai’s Aroma Talk:夏の風邪(扁桃炎・気管支炎・中耳炎)にアロマケア

Cooria

暑さも増して体力を消耗してしまう時期。
エアコンの寒さでうっかり夏風邪を引いちゃった
そんな方にオススメのアロマケアをご紹介します。

この時期に多いのが
喉の不調や気管支、そして中耳炎などのトラブル。
疲れて免疫が弱まることで発症したり
ウイルスが繁殖して炎症を起こしたり
前の日まで元気だったのに急に痛くなるなど
お出掛けの前日や旅行中だと本当に困りもの。

そこで…
私がそんな夏風邪を引いてみました♩
(と言うか、引いちゃったのです。久々に)
今回はなんと扁桃炎と中耳炎。
朝から何となく喉がイガイガするな〜なんて思っていたら
夜になったら耳の奥の方が痛い。
更には頭も痛くなり熱っぽさも。

そう言えば今週は仕事がハードだったな…とか
前の日に食事したレストランで
後頭部からの強烈なエアコンの風を受けていたな…とか
振り返っても後の祭り。

扁桃炎や中耳炎の場合
ウイルスが繁殖してしまうと
抗生剤を処方してもらわないといけなくなるのですが
夜だし病院も開いていない。しかも週末。
病院が開いていなーい。

そこで登場するのが「ティーツリー」精油。
ティーツリーには抗菌・抗ウイルス・抗炎症・鎮痛作用があります。

この精油を使ってトリートメントオイルを作ってみました。
作り方は簡単。
ホホバオイル5mlにティーツリー精油を1滴。
しっかり混ぜて
それを耳の周り(中には入れてはいけませんよ)
首の周りに添付して早めの就寝。

朝目覚めるとすっかり痛みはなし!

就寝前にミネラルウォーターを飲んで
沢山睡眠時間を取れば
殆どの場合回復に向かいます。

基本は栄養をしっかり摂りたっぷり睡眠。
病院に行けない、できれば薬に頼りたくないなど
自力で治したい時にオススメのアロマケアです。
それでも改善が見られない時は素直にお医者さんに。

そろそろ夏本番。
体調を崩さないよう、無理は禁物。ですね(^_^;)
セルフアロマケアで日々を快適に!

ヨガスタジオクーリア おかげさまで7周年

Cooria 7th Anniversary2010年7月1日
横浜・港南台
この場所でヨガスタジオをオープンして丸7年が経ちました。

7周年記念はCooriaのロゴ入りボトルを作成し
通われている生徒さんをはじめ、
日頃お世話になっている方々へお渡ししています。

ボトルの色は3色

ブルーは見ている人の心を鎮め落ち着かせてくれる色。
青く広い空、広い海のように平和でありたい
そんな方にオススメです。
精神を鎮め「自分」と向き合うきっかけをくれるかも知れません。

グリーンは心身ともに安らぎ、呼吸を深めてくれる色。
空気の美味しい緑の中にいるような
いつも自然体な自分でありたい
そんな方にオススメです。
ゆったりとリラックスする時間を与えてくれるかも知れません。

レッドはエネルギッシュで心を熱くする色。
勇気を出したい時、行動したい時
明るく元気な自分でありたい
そんな方にオススメです。
心に火が灯り何かにチャレンジする力を与えてくれるかも知れません。

素敵な場所を発見した時のワクワクする感覚。
今の自分に必要な色に気付いた時の感覚。
Cooriaでは
いつも新鮮な気持ちでレッスンに参加して欲しい
そんな想いで日々レッスンの準備を行っています。

「初心の心」

それは私自身が大切にしている想いでもあり
通われている生徒さんの心にもあるもの。

この場所でどんなに長く指導しても
どんなに長く通っていても
朝目覚めれば、それは新しい自分の始まり。
新しい自分にマニュアルはなく
自分自身が理解し、心地よく過ごせる方法を探すために
自身と丁寧に向き合うことが大切なのです。

初心の心があるからこそ
向き合える自分自身。
そこには未来、沢山の収穫が待っています。

この先Cooriaと出会う方には
私だけでなく
いつでも初心の心を持った心素直な人たちと
一緒に過ごす心地よい時間を
楽しみにして頂きたいと思います。

たまにホームページに遊びに来てくださる方
いつもブログを読んで下さっている方
Cooriaと出会う全ての方に心より感謝と
この場所で
更なる出会いを楽しみにお待ちしております。

しばらくの間、この場所で出会う方に
7周年記念のボトルをお渡しします。
どんな色とご縁があるのかどうぞお楽しみに。

8年目もどうぞ宜しくお願い致します。
Cooria:Chai

YOGA Studio Cooria
今年もまた…
お庭には「キボウシ」の花が咲いています。
時の流れは早いものです。

 

Chai’s Aroma Talk:汗疹・アトピー肌の夏ケア

 

 

Chai's Aroma Talk by Cooria こんにちは。
今回は夏の肌トラブルの一つでもある
「汗疹」(あせも)
そして、年中アトピー肌で悩む人のために
夏の素肌ケアについてご紹介します。

夏は汗をかきやすく外出中は素肌もベトベト。
吸水性のある素肌に優しい素材の服を選び
汗をかいたら拭き取る、帰宅後はシャワーやお風呂で清潔に。

そして…掻かないこと。
掻いてしまうと痒みの成分ヒスタミンが活性化し
余計に痒くなる一方。

痒みがひどい時はまず冷やすこと。
暖かいと余計に痒みを感じてしまいます。

炎症が起きている時
市販の湿疹薬やステロイド剤に頼りがちですが
まずはアロマで素肌に負担をかけずにケアしてみましょう。

それではここで
痒い皮膚炎に有効な精油をピックアップしてご紹介。

・メリッサ
・ブラックスプルース

まずはこちら「メリッサ」
別名レモンバーム。
清涼感がありレモンの香りに似ている植物。

メリッサはギリシャ語で「みつばち」
みつばちが好むことから名付けられたと言われています。

この植物から生まれる精油は
抗アレルギー作用・抗炎症作用で
アトピー性皮膚炎や湿疹に有効です。
こちらは「ブラックスプルース」
カナダが原産で高さ40mほどになる針葉樹。
ツーンとした清涼感のあるウッディ系の香り。

以前もご紹介しましたがこちらは
抗菌・抗ウイルス・抗炎症・抗アレルギー作用で
素肌の辛い痒みを緩和し
アトピー性皮膚炎でお悩みの方のお助け精油。


【オススメの使い方】

1枚目の画像
・MYM ORGANIC メリッサフローラルウォーター
・FINESSENCE ブラックスプルース精油

作り方は簡単、フローラルウォーターのボトルに精油を一滴入れ、よく振ってから痒みのある箇所に付けるだけ。フローラルウォーターがあれば、汗疹・アトピー肌の夏ケア用化粧水が簡単に出来ちゃいます。こちらは実際にクーリアの生徒さんがお子様へのケアに使っているブレンド方法。「ママ〜痒いからあれつけて〜」と大変気に入っているご様子。子供の安心する顔はママにとっても嬉しいものですね。

フローラルウォーター、精油はスタジオにてご購入頂けます。
希釈方法など、アロマテラピーの基本を学びたい方は講座の開催リクエストも承っております。↓

はじめてのアロマテラピー

窓のこちら側。そちら側。

ある日の朝、
スタジオ前の庭に空から落っこちてきた
ちっちゃなスズメの子。

窓のこちら側から外に出ると
岩の側の土の上で震えている。
スズメは人間が触れてしまうと匂いが付くことで攻撃されたり、
仲間外れにされてしまう。
それを知っているだけにどうすることも出来ない。

ビニール手袋をはめて安全な場所に移動させるも、
それから間も無く
ちっちゃなスズメは息を絶えてしまった。

さっきまで動いていたのに。
さっきまで親鳥が心配そうに鳴いていたのに…。
目の前の小さな命の終わりに
呆然と立ち尽くすしかない状況。

その数秒後
背後にまた何か落ちてきた。
「え!?また???」
それはまたしてもちっちゃなスズメ。

それは空からではなく
当たり前だけど巣が屋根の上にあって
そこから落ちてきている。

でも何だか私には
それが空から落っこちてきたように感じてしまう程
続けて起こる出来事に
ただ立ち尽くし呆然としてしまうばかり。

そして数分後
2番目のちっちゃなスズメも息が絶えてしまった。

自分がちっちゃかった頃
「獣医さんになりたい」そんな夢を持っていたのだけれど
獣医さんは動物を助けるだけじゃなく
助けられない命もあると知り
幼心に自然とその夢は薄れていったように思う。

命って一体何なんだろう?
お腹に宿している時から子を守り、
生まれてしまえば勝手に育つものでもなく
食事を与え、安全に配慮し、ようやく独り立ちをする。

鳥の世界では
ある程度成長すると飛ぶ練習を始める。
だからきっとこれは飛ぶのに失敗したのかも知れない。
もしくは飛ぶ練習ではなく
ただ単に巣から落下しただけなのかも知れない。
どちらにせよ、地上数メートルで育てるには常に危険がある。
どうにかならないものなのか…
落下して死んでしまわないように。

でも、例えば地面に近い場所に巣を作ったとしても
きっとそれはまた別の危険が潜んでいるわけで
結局はどこにいても完璧に安心な場所なんてない。

「儚い命」
こういう時にこの言葉を使うのかどうかは
わからないけれど、私の頭にはこの言葉が浮かんだ。

「儚」(はかない)は「人」の隣に「夢」(ゆめ)と書く。
「夢」という漢字の語源は元々暗いとかぼんやりという意味なのだそう。
人+夢=儚
「儚い」とは人間がどうすることも出来ず
ただぼんやりと佇む様を表しているのかも知れない。
以前、自分がお腹に宿した新しい命を失った時
似たような感覚になったのを覚えている。
「今まで、命が確かにここにあったのに…」と。
どうすることも出来なくて、その状況を受け入れることで精一杯。
しょうがないと思うしか、その時の自分に出来ることはなかったように思える。

ちっちゃなスズメに対しても
どうすることも出来ず
ただそれを見守るだけの時間だったけれど
人の手を加えることの出来ない
加えられないからこそ
生きているその一瞬一瞬が美しいものなのだと
自然界の生き物を見て思う。

都会の小さな庭でも
目の前に自然があることで
日々生き物の生と死を目の当たりにする。

息を絶えた、それは元々息があり
確かに生き物が存在していた証。
目の前で起こること全てに何か意味があるのだとしたら…

鳥が巣を作れるような自然を
この先もずっと残してあげること。
窓のそちら側を大切に守ること。

庭の自然を眺めながらのレッスン
そんな贅沢な時間を保つことは
同時にそれを残すことであり
私たち人間だけでなく
生き物たちにとっても大切なこと。

レッスンの最後に
自然の景色を見つめる時間は
「今確かにここにいる。」と
自分自身が気付く「生きている証」でもある。

自然界の儚い命の存在を知り
「生きること」
その意味を深く考えなくても
自然と心に答えが見えてくる。

「今日も大切に与えらた命を使おう」
そう思える時間を
スタジオの窓のこちら側から自然を眺め
与えられていること全てに感謝しながら過ごす時間。

そんな時間も
もしかしたらきっと
とても儚いものなのかも知れない。

だから「今」を大切に…
そう思う窓のこちら側。

ビロードうさぎ。

Cooria

絵本って不思議です。
幼い頃に読んだお話も、大人になって読んでみると
まるで違った感覚で心にじんわりと内容が染み入ることがある。

私にとって「ビロードうさぎ」もその一つ。

これは、人間の坊やとボロボロになるまで可愛がられた
一匹のうさぎ(ぬいぐるみ)のお話。


クリスマスの朝、坊やのプレゼントとして他の物と一緒に靴下に入れられていた、ビロードで出来たうさぎのぬいぐるみ。うさぎは自分が何を見本にして作られたのか、うさぎという生き物がいることさえ知りませんでした。ある日、子供部屋でうさぎはロボットのおもちゃから「自分こそ本物だ」「本物そっくりのロボットだ」と自慢されてしまいます。ただのビロードで出来たうさぎは自分が恥ずかしくなり、部屋の隅っこで小さくなっていました。すると優しい馬のおもちゃから「本物」について話を聞かされます。「本物というのはね、長い間に子供の本当の友達になったおもちゃがなるものだ。
本物というのは、ただ遊ぶだけじゃなく、心から大切に、大事に思われたおもちゃは本当のものになる」と言いました。うさぎはそれを聞いて、いつの日かその「本物のうさぎ」に自分もなれたらいいなとワクワクします。

うさぎは坊やといつも一緒。家の中でも外でも遊んでもらい、だんだんと汚れていきます。ある日、ばあやが坊やに言います「こんな汚いぬいぐるみのおもちゃ、一体どこがいいんだろ?」と言うと、坊やはすかさず「この子はただのおもちゃなんかじゃないよ。僕にとっては本物のうさぎなんだよ。」と言い、それを聞いていたビロードうさぎはその言葉に喜び、ついに本物になれたと信じました。

ところがある日、草むらで本物(動物)のうさぎたちと出会い「こいつは本物のうさぎじゃないぞ」とからかわれてしまいます。「本物のうさぎじゃないって?」 不安と悔しさを感じつつも、坊やの言葉を信じ、ビロードのうさぎは本物だと思い続けます。それだけで幸せでした。

そんなある日、坊やが病気になります。病気が治り、またいつもと同じように遊べると思っていたら、お医者さんからまた同じような病気にならないように、汚いぬいぐるみやおもちゃを捨てるように言われてしまいます。坊やと突然の別れ。

すると、捨てられ悲しむうさぎの前に突然妖精が現れました。「あなたは本物のうさぎではありません。本物のうさぎにしてあげましょう」と言いますが、うさぎは「今でも本当のウサギだよ」と言います。しかし妖精は「ええ、坊やにとってはそうでしたよ。本当にあなたを愛していましたから。でもこれからはあなたを誰もが本当のうさぎに見えるようにしてあげます。」と言われ、魔法で「本物(動物)」のうさぎに変えてもらうことが出来ました。

季節はめぐり、ある時動物になったうさぎが坊やの前に現れました。ところが坊やは「あのうさぎ、僕の古いうさぎにそっくりだ」と思うだけで、あのうさぎが坊やに会いに来たのだということを、坊やは少しも気がつきませんでした。


坊やにとって大切な本物の友達であり本物のうさぎとなったビロードうさぎ。
それだけで幸せだったのですが、最後には動物のうさぎになってしまいます。

さて、皆さんは自分が何なのか、
何の「本物」なのかを考えたりしますか?
もしくは何かの「本物」を目指していたり?

ちなみに私は、ヨガ講師です。
ヨガだけではありませんが、クーリアではヨガ指導が中心となります。
「本物なの?」と聞かれたら「どうかなあ?」と笑いながら答えるでしょう。
(そんなこと聞かれませんけどねw)
「ヨガとは何なのか?」は自分なりにいつも向き合いますが、
「ヨガ講師とは?」「本物とは?」
つまり「ヨガ講師の本物」に拘りはありません。

もしも自分が「ヨガ講師の本物」に拘ってしまったら、本物とは何かを追求したり、
本物になることを求めてヨガ発祥のインド山奥で修行していたかも知れません。
例えば「ヨガ講師の本物認定」なるものがあるのなら、
その肩書き欲しさにエネルギーを注いでいたかも知れません。

そもそも「本物」って何なのでしょうか?

お話しの中で馬が話していた
「本物というのはね、長い間に子供の本当の友達になったおもちゃがなるものだ。
本物というのは、ただ遊ぶだけじゃなく、

 心から大切に、大事に思われたおもちゃは本当のものになる」
というセリフが心に響き、ここに大切なメッセージがあると私は感じています。

「ヨガ講師の本物」って何だろう?
本物になったら何が変わるのだろう?

私の元には日々レッスンに来て下さる生徒さんたちが沢山いる。
もうそれだけで十分だし、
一緒に過ごす時間を大切に感じて貰えたら素敵です。

私の場合、講師でも一児の母親としてでも
お話の中のロボットのように
「私は本物だ」と自慢する人間には成りたくない。

妖精の「これからは誰もがあなたを本当のうさぎに見えるようにしてあげます。」という魔法。
これも正直、私なら望みません。

誰からも「

本物」に見えることよりも、一人一人と心で通じ合い、
肩書きではなく、
大勢でもなく、たった一人でも「この人は自分の人生にとって大切な人」と感じ、
自分の存在価値を認め愛してくれたら本当に幸せなことです。

仕事でもプライベートでもそれは同じこと。
自分が自分に納得できることをして
自分を必要だと思ってくれる人がいれば
そんな立派な外見は必要ない。

ビロードうさぎの絵本は読んだ後
人それぞれに様々な捉え方があるようです。

〜あのうさぎが坊やに会いに来たのだということを
坊やは少しも気がつきませんでした。〜

と、終わるところはハッピーエンドだと感じる方もいれば
寂しい終わり方と感じる方も。

私はその時々で感じたままに、心に何かしら気付きが生まれたら
それは自分にとって大切な一冊の「本物の絵本」だと思っています。

その大切な絵本を子供や家族に渡したり
大人の大切な人に渡したり
「ビロードうさぎ」の絵本が
ぬいぐるみのうさぎのように例えボロボロになったとしても
この先も大切にしながら周りの沢山の人の手に渡して行こうと思います。

本物って何?
大人になり、そんな疑問を抱いた時に読んで欲しいなと思う一冊の絵本。

誰かの本物になれたなら
誰もが本物だと思ってもらわなくてもいい。

あなたは誰の本物ですか?
誰を、何を本物(大切)だと思いますか?