空から飛んできた幸せの種

山梨県人権の花運動

2018年も半分が過ぎ
一年で最も昼の時間が長くなる「夏至」。
夏至は振り返りと再スタートの日とも言われています。

2018年上半期も様々な出来事がありました。
生きていれば本当に色々なことが起こります。

そして、この節目に何を思うのか
過去の出来事から得る「気付き」とは何なのか?
改めて自分の心と向き合いながら過ごした夏至の日。

その翌朝…
なんとスタジオに、
思いもよらぬプレゼントが空から舞い降りて来ました。

それは…「種」
可愛いメッセージ付きの種袋。

赤い風船に付けられた黄色い紙には
「山梨県人権の花運動」
「山梨大学付属小学校」
「名前 ●●●●」
「思いやって生きよう」と書いてある。

山梨!?
風船てそんな遠くからここまで飛べるの?
と驚きの中、

インターネットで早速調べてみると
こんな記事が↓

「人権の花運動」
http://www.moj.go.jp/jinkennet/yamanashi/yamanashi_hana.html

人権の花運動とは「花を育てることで命を大切にし、思いやって生きる気持ちを育む運動」と書かれ、子供たちが風船を飛ばす姿の写真が掲載されていました。

その記事を読み、
改めて風船に付けられていたメッセージを読んでいたら思わず涙が…。

「与えられた命を大切に今を生きる・大切な人たちを思いやり助け合う」
それが夏至を境に改めて心に抱いた私の思い。

偶然にもそれと似たようなメッセージが空から届き
思わず涙が溢れてしまったのです。

それにしても不思議なことってあるものです。
たった一人の子供が書いたメッセージ。
誰に届くかもわからないで飛ばしたのに
ちゃんと必要な人の元へ。

中には届かないメッセージもあるでしょう。
でも、信じて発信し続けることが大事。
だってこうしてちゃんと必要な人へ届いたから。

涙が引いた後、私は小学校へ連絡し、種が届いたことを知らせ、
感謝の気持ちを伝えました。
すると、「子供たちに伝えますね!ありがとうございます!!」と
先生にも喜んで頂け、私もしあわせな気持ちに。

受け取った人の「ありがとう」の言葉が
その活動の意味となり、
この先もより多くの方へ種を届ける原動力になる。
そして受け取った人から感謝の気持ちが子供たちにも届けば、
行動を起こすことの大切さを知るでしょう。
そして生きること・生きて行くことの意味も知る。

「ありがとう」の言葉や人を思いやる気持ち、
それはまるで「しあわせの花」を咲かせる種。

咲いても咲かなくても種を蒔く
その行動が、いつかきっと
誰かの心の花を咲かせる。

空から飛んできた幸せの種を蒔き
咲いた花を大切な人と笑顔で眺められる日を
私もワクワクしながら待ちたいと思います。

皆さんの心の中にもある「しあわせの種」
それもきっと誰かのために…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です