いつも通り!?の新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。

クーリアに通って下さる皆様、いつもありがとうございます。
まだお会いしていないブログをご覧下さっている皆様にも
心からの感謝と共に、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


お馴染みのスタジオのお庭の風景。
本日(2018年 元日)の朝撮影をしました。

例年通り、ほんの少しだけ梅が咲き始めています。
2017年はあまりの開花の早さに驚き、
早咲きだとまだらに咲き美しさが半減してしまうので
昨年の今頃はちょっと残念な気持ちでしたが、
今年は例年通り=「いつも通り」で安心。
いつも通りっていいな♪と朝からほのぼの。

ほのぼのと梅の木を眺めながら
少しの間目を閉じてみると…
そのあと目を明けた時に広がる光景は
ほんの数分前の光景とは違って見えました。

一度目を閉じて心の目でお庭を見つめてみると
目を開けた後にその視野はずっと広がる。
そしてそれぞれに変化があったことに気付き。
その細かな変化に氣付くことで梅の木がさっきとは違う光景になる。
むしろ「いつも通り」よりも、それはずっと素敵だったりする。

昨年は祖母が年末に亡くなり
「明けましておめでとう」が言えなかったり、
毎年恒例の初詣に行かなかったり
色々なことが、いつも通りのスタートではなかった幕開け。

当たり前だったことがなくなるのは
それだけ自分にとって他の様々なことをも変化させて行くのだと
心から実感した一年。

逆に沢山の新しい人たちに出会え、
新しい知識もたっぷり吸収した一年。
でも「いつも通り」とは違う流れの中にいると
また元のような流れに戻れるのだろうか?
そんな不安がたまに過ったりするのです。

日常の様々な出来事や
お別れする人たち、出会う人たち
自分の周りにあるものは良くも悪くも
常に自分自身へ変化を与えている。

「いつも通り」とは
過去の似たような経験と今を重ねているだけで
本当はいつも新しく
何かの節目にやっとその変化に氣付くのかも知れない。

新しい自分に起こる素敵な変化は
何かを成し遂げた形だけではなく
目には見えない心の成長もある。

目を閉じて自分の心と向き合う度に
心の成長はきっとこの先も続く。

新しい一年の始まり
節目の時に得たこの感覚を元に
ゆっくりと目を閉じることのできる
ゆとりの時間を皆様にもお届けしたいと思っています。

いつも通りなようでいつも通りではない
新しい時の流れの中
今年もゆったりとこの場所で…
皆様をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です