心のカルテ

早いもので・・・
スタジオオープンから丸3年が経とうとしています。
プログラムやシステムなど、
この3年間で色々と変化はあったものの
ずっと変わらないのが『カルテをつける』ということ。
生徒さんは毎回、カルテから始まり・カルテで終る・・・
そんなヨガスタジオなんです。(え?珍しい?)

この3年間でカルテを入れるクリアケースがパンパンの方、
まだまだ薄い方、人それぞれです。
その人なりのペースでカルテが増えてゆく。
カルテを入れているケースもどんどん太り・・・
現在カルテを納めるケースも2つに。
ここにクーリアの3年間が詰まっています。

 

基本的に書く事は自由。
「心へのタッチセラピー」と称しています。

・今日はいい事がありました
・朝起きたら空が綺麗でした
・イライラが続いています

などなど。心が何かに触れたことを書いて頂きます。
もちろん、身体のことも。

カルテを付けて頂く理由は
・皆さんの今日の心と体の状態を知るきっかけ
・今のご自身と向き合える
・気付き

他にもありますがざっとこんな感じ。
人は日々、心も体も変化している
良い変化もあれば悪い変化も。
そんな毎日の中で生きていて、それを見て見ぬ振りすることもある。
無理に元気でいようとしてしまったり
逆に、素敵な出来事があったのに、それを伝える場所が無い時も・・・。
自分に何が起きてどのようにその変化を受け入れたのか、どうやって解消したのか、
カルテを振り返ってみると『去年のこの時期はこんな事を考えていたのか~』と
色々な問題を乗り越え成長した自分が居て、過去の自分を微笑ましく思える。

もしかしたら毎回同じことを書いているかも知れない
毎年同じような事を書いていたかも知れない
でも、人はきっとそんなものです。
その繰り返しを見て、『また同じこと書いてる~』って笑えたら
そんな自分で良いと思います。
『こんな良い変化があった~』と思えたら
それはとても素敵な変化。
どちらも、今日も『カルテ』を書き続けている自分がそこにあれば
それは前を向いて歩き続けている証。
着々とカルテの枚数は増えてゆくのです。

クーリアのカルテは1ページで4レッスン。
最初はもっと紙を有効に使おうかと思いましたが
ヨガには階級もないし、発表会もない。でも達成感が欲しい。
だったら何が自分を讃えるのか、それは『継続』
『継続は力なり』
そうは言っても実際は何か目標が無ければ頑張れない人もいます。
なので1ページで4レッスン。

毎回レッスン前にカルテを付けていて
『先生~カルテの紙くださーい!!』
そんな声が響くと嬉しくなります。
なんだかご飯を『おかわり~』ってして貰えてるみたいです(笑)
そして手渡した時の生徒さんの新鮮な表情。
紙が新しくなるだけで心も新たに。達成感もあるようです。
昔通っていた学習塾「公文」。そんな感じかな・・・。
ひたすら同じ繰り返しだけど問題用紙に書いて、
出来たらまた新たな問題用紙を貰えるような。
同じように見えてその問題用紙には着実な成長もあり
何よりも大切な『継続』と言う力が養われる。
それが『力』となる。

病院のカルテは増やしたくないけど
クーリアのカルテは枚数が増えるとそれが足跡になります。
『継続の足跡』に・・・
『ここで過ごした時間の足跡』に・・・

レッスン以外でも、毎日の想いを綴ると
それが人生の足跡になるかも知れません
私がこうしてブログを書くのも自分の足跡となります。
これも『カルテ』みたいなものなのかな?

生徒さんの『カルテ』
どんなに短くてもどんなに長くても、私はちゃんと読んでいます。
そして、それを書いて下さる皆様の想いを
文字だけではなくレッスンを通じて肌で感じさせて頂いています。

言葉でも文字でもコミュニケーションの方法はいくらでもある。
想いを伝える場所を自分なりに・・・。
『心のカルテ』をどこかに残してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です