子宮美人ヨガ

ゴールデンウィークも終わり・・・
様々な場所でリフレッシュされた方も多いかと思います。
忙しい日々の合間に、たまには緩めることも大切ですよね。
女性の体は特に、『緩めること』が必要とされています。
知らず知らずのうちに入ってしまう『力』
力を入れること、常に締まっている状態が美しいと思われがち
もちろん正しい姿勢は大事です。でも、緩めるべき時に緩められる身体こそ
女性にとって必要な機能をきちんと取り戻す素となるのです。

この連休に、私はヨガのティーチャーズトレーニングに参加していました。
略してTT。今回学んできたのは・・・
『月経血コントロールヨガ』
え?経血をコントロールなんて出来るの?と思われた方
『ムーンデーヨガ』ならいかがでしょう?
毎月の生理を快適に過ごすためのヨガ、これでもピント来なければ
では『子宮美人ヨガ』ではいかがでしょうか?
これらはどれも同じ。
このタイトルでヨガ指導が出来るように、今回トレーニングを受けてきました。

そもそも「月経血コントロール」ってどんなものだかご存知ですか?
現在どんどん種類が増え続けている生理用品
一昔前はこんなにあったかな?と首をかしげてしまいます。
レギュラーサイズだけでなく、夜用、昼間のロングサイズなどなど・・・
そんなにみんな経血の量って多いの?と思ってしまう程。
実は・・・
現代人は経血の量が多いと言うより溜めておくことが出来なくなっているのです。
昔は生理用品なんてないので、基本的にトイレで排出するのが当たり前、
ところが現代は働く女性が増えて、定期的にトイレに行けず、
結果的に便利な物が普及しました。
それが今の紙ナプキン。とても便利でもう手放せませんよね。
しかし・・・
その便利さが女性の体を怠けさせ、溜めておけない体へと変化させているようです。
その上、経血をコントロール出来ないだけでなく、
コントロールするために必要だった筋力の低下により、月経前症候群(PMS)や
生理痛・尿漏れ、そして不妊など、女性の抱える様々な悩みにも繋がっています。

今回学んできた『月経血コントロールヨガ』は女性にとっての悩みを改善し、
コントロールするためのトレーニング。正に『子宮美人』へと繋がり、
沢山の女性に素敵な笑顔を届けることでしょう・・・。

このブログ、最近は男性も読んで頂けているそうで(*^_^*)嬉しい限りです。
今回は女性にしかわからない部分ではありますが、
男性にも知って頂く事で女性への理解も生まれます。
女性がなぜ時にイライラしているのか、なぜ時に不安なのか?
女性にとってはバリバリ働く事自体大変な事なのかも知れません。
その上妊娠を望み、望まれ、焦りや不安に押しつぶされそうになっているかも知れません。
そこには現代の生活環境が大きく影響し、緩めたいけど緩められない現状があるのです。
女性が笑顔でいれば男性も心地よくなれるはず。
もしもいつも頑張り過ぎている女性がいたら、
優しくさり気なくフォローし、緩める時間を与えてあげてください。

そして、私達女性も出来る事から始めてみてはいかがでしょうか?
悩みを一人で抱え込まず、こんなヨガがあるってことを知り、
数年後の自分、半年後の自分、明日の自分が笑顔でいられるように
まずは自分に起きている様々な変化に気付き、しっかりと現状を受け止め、
少しづつ改善してゆけますように。

今回の講座を受けて大切に感じたこと、それは・・・
経血をコントロールする以前に、まず自分の軸をしっかりと整える事。
そして緩める事。締める事。
自分自身を理解して、心も体も自分の感覚でコントロールすることが大切。
講座を受ける前は『どれ位でコントロールできるのかな?』と
結果を見つめていた気がします。
でも講座の後は自分の知らなかった癖を発見できたり、得意不得意がわかったり、
内側からの自分の声が聞けたような不思議な感覚です。
言わばここからがスタートなのです。
自分の本来持っている機能を呼び覚ますために、
このコントロールトレーニングを私自身も続けてみようと思います。

クーリアでは女性をもっともっと素敵に輝かせるために、
これからも様々な視点からアプローチしてゆきます。
近々『月経血コントロールヨガ』または『子宮美人ヨガ』の名前で
楽しいワークショップを開催出来たらいいなと考えております。
その時は是非、一緒にトレーニングしましょう♪

子宮はもちろん、皆さまが心からキラキラと輝ける明日を目指して
今日もブログを読んで頂きありがとうございました(*^_^*)

目次
閉じる