ハートの色。

西村公一 作品 Cooria10周年記念


こちらの作品は今モーターボートレースのCM
「ハートに炎を」で話題のハートアーティスト西村公一さんのもの。
数年前にご縁あってお友達になり
私の手元には既に西村さんの作品がいくつかあります。

このハートはスタジオ10周年に向けて
「Cooria 10th anniversaire」の文字を入れて欲しいとの
私からのオーダー作品。

西村さんの作品の特徴はまずハートの形。
少し下に伸びた縦長のハート。
そしてハートの中にその時のインスピレーションで描かれる模様。
同じハートは二度と描かず世界でたった一つのハート。

今回は私自身やスタジオをイメージして下さったのだけど
それを描く西村さんの感情もハートに表れる。
出来上がった作品を初めて目にした時は
Cooriaの10年間が温かく表現され
あんなことやこんなこと沢山の思い出がいっぱい詰まったような色。
眺めていると「そう!この10年間はこんな色…」と
心の中つまり私のハートがじんわ〜り温まる。
作品の持つエネルギーって本当に凄い。

ハートマークは心臓を表すシンボル。
トランプのマークとして使われたり
日常のあらゆる場所で目にする形。
でも、その形は描く人によって様々。

この作品を初めて目にした我が子の言葉は
「あれ?このハートどこかで見た!」でした。
「もしかしてTVコマーシャル?」と聞くと
「あ、そう!それだ!!」と。

世の中に溢れるハートマーク
その中から形だけで同じ人が描いたハートだと気付くなんてちょっと驚き。
それだけ見ている人の記憶に残るハートのカタチ。

心臓を表すシンボルなら
私たちの体には一つずつハートを持っている。
そのハートはどれ位の大きさなのか、どんな形なのか
そして色は…

様々な思いが色となり
その色が混ざり合い
それは世の中でたったひとつの色。

命尽きるまできっと
完成しない心のハート。
これからも日々その変化を楽しんでみようと思います。

スタジオに飾ったハートは私の10年間の軌跡の色。
ぜひ眺めにきて下さいね。