生理痛

 


生理痛が急に強くなりました。なにか異常があるのでしょうか?
生理痛に悩まされる女性はとても多いのではないでしょうか。
生理痛の個人差はとても大きく何も感じない人から寝込む程の苦痛を伴う人まで様々です。


根本的に、生理痛ってなんで起こるのでしょうか?
「血が出てるんだから痛いに決まってる」たしかにそうなのですが、生理の出血は傷ができたから出血しているわけではありません。女性の体は、毎月妊娠のために体を整えています。その周期が生理周期と呼ばれています。25日から38日で個人差があります。 ちなみに、生理という呼び方は医療用語ではなく、正式には月経周期と呼びます。この周期の中で、妊娠のために子宮の内側にクッションを作るのですが、妊娠が成立しないと、このクッション(子宮内膜)を体が分解して、外に排出します。これが、生理の出血(月経血)なのです。体自体に傷が付いているわけではないのですが、この出血を子宮の外に出すために子宮が収縮=極軽い陣痛のような作用を起こすため、腹部痛が起こります。この作用を引き起こすホルモンをプロスタグランディンと呼びます。痛みによる苦痛が強い場合には、痛みどめを使用しコントロールすることも大切です。痛みによるストレスはホルモンバランスに悪影響を与えるため、さらなる症状悪化につながりかねません。症状が軽い段階から先手を打っておきましょう。用法・用量を守り、月に数回使用するだけなら、痛みどめが癖になることもありません。痛みどめを使用しても改善しないような強い生理痛の場合、月経困難症という病名がつけられます。ここで気をつけたいのが、月経困難症には2種類あるということです。


器質性月経困難症

・痛みを助長する病気が影に隠れている状態
・Ex.子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症・子宮の奇形

機能性月経困難症

・病気なないが、痛みを助長するなんらかの原因がある状態
・Ex .ストレス・体の冷え
・ホルモンの異常(プロスタグランディン過剰産生)

この二つのどちらかということを確認するために、生理痛が急に強くなった場合にはまず婦人科の受診が必要です。婦人科というと敷居が高いイメージがあるかもしれませんが、後々子どもがほしくなってから受診をしても手遅れとなる場合もあります。気になった症状がある場合には怖がらずに早く受診をしましょう。話は変わりますが、子宮頚がん検査は20歳を過ぎたら定期的に行うことが勧められています(とくに性交経験がある場合)。若い女性に多いガンというのがその理由です。予防するためワクチンも普及してきており、より早い婦人科の受診が不可欠になっています。このことも含めて、ぜひかかりつけの婦人科を早めに見つけておくようにすることをお勧めします。最近では、女医さんしかいないクリニックなども増えています。プライバシーの配慮にも工夫がされていますし、ほんとのところ医療スタッフですから男性医師も含めてみなさんが考えているほど見ている側は気にしていないものです。

病気が隠れていた場合には、その治療を始める必要がありますが、病気が原因ではない機能性の月経困難症の場合、体質の差はありますが生活習慣や体を整えることで改善できる場合もあります。


ポイントは冷えと血液循環
体の冷えは、血行を悪くして月経痛をひどくすると言われています。さらに、機能性月経困難症の一番の要因と言われているプロスタグランディンは、血管を収縮させる機能があります。そのため、さらに全身の血液の流れが悪くなり、生理痛だけでなく頭痛・肩こりなどの不快症状を悪化させていきます。そうすると、ストレスが溜まり精神的にも落ち込みがちに。体が思うようにならないと、引きこもりがちになりますよね。気分転換もできずさらにストレスが溜まる。ひどい場合にはこの悪循環になってしまう場合もあります。月経(生理)は、女性が活動的な時期を共に過ごすパートナーの様な存在です。月経が正常に毎月見られるということは、女性ホルモンのバランスが保たれている・妊娠できる体であるという一つのサインでもあります。毎月付き合うのであれば、嫌な存在ではなく「今月もきちんと来てくれた」と思いたいものです。そのためにも、自分の体の冷え・血の巡りに目を向けて生活習慣を整えてみてはいかがでしょうか。

自分の体と向き合うにはヨガがぴったりですよ。