祈り

今日は法事で鎌倉霊園に来ています。今は亡き、私が今スタジオとして使っている建物の元々の持ち主でもある、お祖父ちゃんの17回忌です。「俺は太く短く生きるぞ~」と豪語していたお祖父ちゃん。本当にその通りでした。何をするにもパワフル。頭が良くて、一人で会社を築き上げ、旅が大好きで、休みとなると世界中を旅していたり、かなりアクティブな人。そんな印象のお祖父ちゃんは、沢山の方から慕われて…いい生き方していたなぁ~と思える、私の大好きなお祖父ちゃんです。早いもので17回忌。17年経った今も、家族の心の中に未だに大きく存在しています。

うちのお祖父ちゃんの名言。(私にとっての名言ですが…)『女の子として生まれたんだから思い切りオシャレしなさい!』『チャンスは掴まなきゃ意味がない。チャンスが流れて来たらしっかり掴みなさい!』などなど…お祖父ちゃんの言葉は私にとってかなり影響力がありました。海外旅行の楽しさや感動を教えてくれたのもお祖父ちゃん。いつも行動は豪快でしたが、生きる楽しさをたっぷり見せてくれていたように思えます。

今日のお坊さんの締めの言葉…『人は二度と死ぬと言われています。一度目は魂が離れた時。二度目は生きていた時の自分を覚えている人がこの世にいなくなった時。二度目の死が出来るだけ長い期間となりますように…』との事。
キリスト教では死んでも復活すると言われ、イースターと言う行事がありますが、仏教は復活と言う意味はありません。その代わり、一度目の死が全ての終わりではなく、残された家族や友人、知人の心の中にいつまでも宿るもの。忘れてしまわないように法事があり、改めて故人を思い出す事が仏教の中の法事と言う行事の目的なんでしょうね。できれば、法事などの行事に限らずいつも心の中に生き続けること…それが故人の幸せであり、私達にとってもそんな心の余裕を持ち続ける事が大切なのだと思います。

世の中には様々な宗教がありますが…祈る事は全て共通のもの。人の為にもっともっと沢山祈れる人でありたいです。時に祈り、時に祈られ…。その先に感謝そして幸せがあるのだと思うのです。皆さんは今、祈っていますか?祈られていますか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です