最小限のルール

毎日暑くてムシムシっ。
皆さんご体調はいかがですか?
先日の1周年パーティーの際に、生徒さんから『先生は風邪とか引かないんですか?』とのご質問を頂きました。
もちろん!引きます(笑)ただ・・・引くのはいつも週末やお仕事がOFFの時。
小学校~高校まで休んだことがなく、常に皆勤賞でした。そんな学生の頃も、風邪を引くのは週末や年末など、せっかくのお休みの日に限って引いたりするんです。
まあ・・・きっと気が緩むんでしょうね。かと言っていつも緊張している訳ではないのですが、ここまでは乗り切ろう!みたいな気合?で頑張れます。
スタジオをオープンしてからもお休みは急性胃腸炎になった時位でしょうかね。(あの時はほんと辛かった~)
クーリアでは私が前日の18時以降に急遽お休みを頂いた場合、ご迷惑をお掛けした方へお詫びにチケットを差し上げると言うルールがあります。

ここで、『ルール』について書かせて頂きます。
スタジオをオープンしてから、日々楽しくお仕事をさせて頂いておりますが、一番心の中で葛藤するのが『ルール』特にお休みの時のルールなんです。私ではなく、生徒さんからのお休み。つまりキャンセルをすると言う事。クーリアのご利用規約では「3日前からキャンセル料が発生します」となっておりますが、実際は前日以降からの発生なんです。じゃあ元々そう書けば?と思われる方もいらっしゃると思いますが・・・出来るだけ早くお知らせ頂ければ代わりに他の方が参加できるかなとの配慮でして・・・
スタジオを運営してゆく中で私が一番心苦しいと感じるこのキャンセル規約。
殆どの方がご自身のご都合、もしくは突然の体調不良、ご家族の体調不良などでキャンセルされるかと思いますが、皆さんの状況を考えると本当はこんなルールは作りたくありません。

ではなぜ必要なのでしょうか・・・
うちのスタジオのように少人数制の場所では沢山のご予約があっても決められた人数以上は受け入れていません。スタジオの利益の面で考えてしまえば入れるだけ入れた方が利益はあります。でも、自分自身が経験した大人数でのヨガにどうしても心地よさを感じられず、クーリアでは少人数と決め、恐らくご入会された方も少人数と言う面を重視されて入られたのではないかと思います。だからこそ、少人数を保つのがクーリアのスタイル。そんな中で、キャンセル規約が無いと、当日お休みするケースが増え、参加したいのに出来なかった方をお断りしたにも関わらず当日は空いているなんて言う状況になり兼ねません。「スタジオ運営」と言う面でも、それでは経営が成り立たず苦しい状況に陥ってしまいます。
そこで出来たキャンセルのルール。もちろん、キャンセルすることなく通われている方にとっては何てことの無い決め事なのですが、幼いお子様をお持ちの方、お仕事が忙しい方にとっては、ご自分の都合だけではどうにもならない時もあるかと思います。

では、そんな方なら自由に通えるスポーツクラブのようなスタイルがいいのでは?と考えるのですが・・・私自身、以前は月会費で何度でも通えるスタイルがベストだと思い、スポーツクラブに入会しました。入会の時点では毎日通っちゃおう!位の意気込みで張り切っていました(笑)ところが、仕事や遊びに忙しい毎日・・・気付いたら3ヶ月も放置状態。無駄に月会費を払っている事に気付き、急いで退会。結果、自分の根気の無さにも幻滅し、自己嫌悪です。同じようなご経験をされた方は多いのではないでしょうか?

そんな私だからこそ、キャンセル規約は必要だと考えます。
現在は日々レッスンを行いながらも、たまに自分自身のスキルアップのために各種ヨガのワークショップに参加しています。ヨガのワークショップは金額も高く、5日間で15万円程かかるものもあります。そんなワークショップも、お休みした場合は一切返金されず、外国から特別講師を招いている事も多く、振り替えもありません。それどころか終了証も頂けない事もあります。つまり1日お休みをするだけで全てが台無しなんです。
なのでワークショップが近づくと体調管理にも力を入れ、栄養・睡眠を沢山取り、万全の体制で参加しています。もちろん子供に関しても同じです。いつも以上に子供の体調管理に気を配り、保育園からお呼び出しがかからない様に気を使います。後から考えると・・・たまにワークショップに参加することで自分、そして家族に体調管理の意識が強まり、自分の中で『学ぶ』『学べる』と言う環境があることに感謝の意識も強くなっているんです。もしこれが、お休み自由、返金OKだったら、私はきっと何かの理由でお休みをしていたかも知れません。キャンセル規約と言うちょっと厳しい環境が、強い意志、そして自己管理の意識を強化してくれている事に気付きました。

どんな事にも、ルールなんて無いほうがいい。自由が一番!
でも、ルールがあるからこそ自分を変えてゆくきっかけにもなるんです。
生活の中にも、家族の中にも、ある程度のルールがあってこそ、そして、そんなルールなんて気にならないようになった時、それは自分自身の中で何かが変わったと言う証です。ルールを守れなかったらどうしよう・・・と不安になるより、ルールなんて気にならない、心と体の強化が日々できるといいですね。

レッスンに参加するに当たり、風邪を引いたり、熱がある時にせっかく予約したのにキャンセルするのはもったいないと思う気持ちはわかりますが・・・。そんな日はご自身の体を労わり、ゆっくりお休みください。ヨガで風邪は治せません(笑)
自己管理ではどうにもならず体調を崩された時は、休息を取る事も大切です。
クーリアでは前日の18時までにご連絡を頂ければキャンセル料はかかりませんので、前日の様子で体調が優れなければお休みをする勇気も必要ですよ。

逆に、ちょっと気分が沈んでいる・・・そんな時は是非勇気を出してご参加を。
きっと心が楽に体も軽くなれると思います。沈んだ気持ちで過ごす一日も、晴れ晴れとした気持ちで過ごす一日も、同じ一日には変わりありません。人生の中の大切な一日には振替制度なんてありません。外に出て、見る・聞く・話す・感じる・・・そうやって人は日々成長してゆくのです。いつだって・・・。

クーリアでは出来る限り最小限のルールで皆様をお待ちしております。
ルールの全く無い生活と、程よくある生活・・・皆さんはどちらがお好みですか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です