普通って?

今日、我が子が転入予定の保育園に行ってきました。
子供の転入に必要な書類や持ち物を説明されたり…色んな手続きがてんこ盛りですが、無事希望の保育園に入れるだけでも有り難い事です。
説明を聞いた後は園の中を見学。園児100名程の割と大きな保育園。
施設もきちんと整い、先生方も雰囲気も穏やかな印象…。
そして実際に入る予定のクラス(教室)に入り、お昼寝後の寝ぼけた可愛い園児たちとご対面。ほんとにかわいいわぁ~(*^_^*)園児を大人の高い目線からほのぼのと眺めていると、先生がちょっと言いづらそうに『このクラスには要観察の園児がおりまして…』と、なんだかモジモジ。
要観察??あっ、なるほどね。『知的障害児の事ですか?』と聞くと、『そうです。いい子なんですよ~』って。『子供はみんな同じです。大変な事もあるかと思いますが、うちの子とお友達になってもらえるなら嬉しいので是非宜しくお願いします。』と伝えると『そう言って頂けるとこちらも安心です。色々な考え方の保護者がいらっしゃいますので・・・。』と。
う~む。何だか心が苦しい。きっと嫌な顔をする親御さんがいらっしゃるからなのでしょう…。

頭の中にふと先々月、我が子の3歳児検診があった時の事を思い出した。
身長・体重・歯科検診などの前に、まずは保健所の方の問診で色々なテストをしてもらうのですが、大体の予測は出来ていましたが、案の定・・・おちゃらけていて殆ど出来なかった我が子(笑)ほんと参ります(><)
普段の様子から、『家だと全て出来ますよ~』と伝えた。すると、保健所の方が一枚のチラシを差し出した…ん?何だ?
なんとそれは『聴覚に問題がある子の為の相談会』のチラシでした。
はぁ~??どうやら聞こえていないと見なされそんな診断…勝手に病名をつけようとしている・・・。(問題があるとしたらむしろ3歳児でマイケルジャクソンの熱狂的ファンな事の方が心配だが。あっ、ちなみにマイケルは私の影響ではございません。あしからず(笑))もちろんそんなチラシはすぐに紙飛行機に変身。ぴゅ~ん。気にもせず・・・でも、きっと中には心配でたまらなくなる保護者も居るだろうに・・・。ただでさえ不安だらけな親を更に不安にしてどうする! しかし・・・何が基準で普通じゃないって決めるの?
普通って何?逆に、何で普通じゃなきゃいけないの??
こうやってよく調べもせず、診断してしまう保健所やお医者さんが最近多いと思う。

保育園で、もしその要観察の子が他の子に噛み付いたら『やっぱり要観察だからよ!』って言われちゃうんでしょうか?他の子、いわゆる普通の子が噛み付いたなら『成長過程なんでしょうがないですよねぇ』と許される?

私が2度目に妊娠をした時、一度駄目だったし、今回だって健康に生まれてきてくれるのか不安で、色んな妄想をしてみた。でも、やっぱりどんな子でもいいからママになりたいって思った・・・。
子供に『ハズレ』って無いと思う。皆『あたり』。
だから区別しないで欲しい。皆と一緒に過ごさせてあげたいと願う障害児を持つ保護者がいるなら、快く受け入れてあげられる環境・温かい環境がもっと広がればいいなと思います。先生方がそんな事で周りの保護者に気を遣う環境が早くなくなりますように・・・。

~おまけ~
担任の先生に『○○ちゃんは今何が一番好きですか?』と聞かれ
『マイケルジャクソンです。DVDを観てよく踊ってます。あ、それとヨガも少々・・・真似してポーズをきちんと取るんです』と答えたら
『あ~ら・・・マイケル・・・皆わからないかも・・・。ヨガも皆やったことないかな・・・』と言われた。だよね。わかるわかる!
でも・・・マイケルもヨガも受け入れられる温かい!?環境が保育園にありますように・・・。頼むよ~。(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です