リニューアルの意味

3年前・・・
スタジオを立ち上げる時。
スタジオ名も決まり『まずは看板だ!』と色々な看板屋さんを調べました。
ところが・・・私好みの看板屋さんは無くがっかり。
いかにも業者さんが作ったという感じではなく、安っぽくもなく、
ナチュラルで、存在感もある看板が欲しい。
とは言ったもののそんな難しい注文、そう簡単には見つかりません。
その頃はホームページも自力で作り、看板にもお金をかけられず、
こうなったら看板も自分で作ろうと決め、〇〇ハンズへ素材探しに行きました。
勢いでお店に向かったものの・・・結局どうやって作ったらいいものか、
なかなかアイデアが浮かばず、更にあることに気付いてしまった。
なんとうちにはまだスタジオのロゴがない。
一体どんなロゴにしたらいいんだろう?どんな看板を作るつもり?
そんな行き当たりばったり過ぎて呆然とする私の目の前に・・・希望の光。
店員さんが手際よくカッティングされた文字を貼る姿がありました。
『あ、もしかしたらこれいいかも!』とすかさず店員さんに聞いたところ、
色々な素材に貼ることが出来、カッティングは雨にも強いとの事。益々いいじゃない^m^
そんなこんなで貼り付ける土台を探し、スタジオのイメージに合うように素材は木目に決定。
『どんな文字を貼りますか?』の質問に・・・また硬直。か、考えていない(^_^;)
取り敢えず『YOGA studio Cooria』で・・・とお願いすると、手際よくサンプルを作ってくれ、
困っていた私に的確なアドバイスをし、テキパキと次々サンプルを印刷しくれる素敵な店員さん。
あーでもないこーでもないと文字の大きさをアレンジしたりして、気付いたら自然に出来ていた。
クーリアの『ロゴ』
私の想い『心とカラダをクリアに、いつも心に輝きを』そんなイメージとピッタリな感じで・・・
Cが大きくてCの中に金の丸が入っている。
その後、このロゴをポスターやホームページに活かし、ポスターを作成。
近所の掲示板にポスターを貼らせて貰ったり、地道に地道に頑張りました。あれから3年・・・。
この看板のお蔭でクーリアの存在に気付き、訪れて下さった沢山の生徒さん。
素敵な生徒さん達に日々囲まれて過ごす時の流れと共に、看板は雨風に打たれお疲れモード。
周りからも『そろそろ看板替えたら?』とも言われ・・・ ご苦労様です(*^_^*)
とうとうリニューアル決定~。

色々考えたけど、やっぱり3年前と同じものを作りたくて〇〇ハンズへ、
さすがに3年前だし、同じような板があればいいな~と僅かな希望でお店に行くと・・・
『あった!』
早速その板を抱えカッティングコーナーへ。
携帯で写して来た、現状の古びた看板画像を店員さんに見せて
『これと同じものを作りたいのですが』と言うと・・・
『あ、覚えてます。これ私が一緒に作りました。』と・・・ひえ~!うっそ~。
3年も経ってるのに、しかも店員さんいっぱい居るのに同じ人が担当だなんて偶然!
『データはないけど覚えてます』と、ちゃっちゃとデザイン画を作成、
速攻でサンプル画を作ってくれました。3年会前と変わらず仕事の出来る女性です。
自分の仕事をこなしながら周りのスタッフへの配慮も抜群。すごい!
今回は看板と、更に今度のイベントで使う教材を作成するために色々と相談に乗って下さり
自分の仕事の範囲以上をやってくださる素晴らしい店員さん。
そんな店員さんに『あなたが色々アレンジしてくれたお蔭でこのロゴが生まれ、本当に感謝です』
そう伝えると・・・彼女も『ほんとですか!?』と、ビックリした様子。

あの日あの時彼女に出逢わなかったら・・・
きっと『ロゴや文字が決まってからまた来てくださいね』なんて他のスタッフに言われ、
しょんぼりしながら帰宅したに違いない私。
クーリアのこのロゴは生まれていないだろうし、皆にクーリアを知って貰うこともなかったかも・・・。
スタジオを立ち上げる時にゼロだったからこそ、パズルのように一つ一つのパーツを集めて大切にし、
やっとここまでこれたんだな~とつくづく思うのです。
今回偶然同じ店員さんだったのも、必然かも知れません。
成長してゆくには時に色々な意味でリニューアルって大事、でも変わらなくてもいいものも沢山ある。
私自身が3年前を思い出し『今まで手助けしてくれた周りの方へ感謝の気持ちを大切に、
今の状況を驕らずに初心を忘れず、看板と共にまた新たな気持ちでスタートしなさい』と
神様から言われているような出来事。

実は今回、後から気付いたのですが看板の裏表が違ってた。
念のため電話で確認。
仕上がりは綺麗だし、(確かに木目的にも裏は裏なんだけど・・・(^_^;))
そんなに大差ないからいいかな~と思ったら
わざわざスタジオまでスタッフを派遣し、貼り直してくれるとの事。
(最後の仕上げを他のスタッフに引き継いだら伝達が出来ていなく間違ってしまったとの事でした)
そんな訳でお言葉に甘えて、今日の午後に来て頂き手際よく直ぐに直して頂けました。
益々感謝です。
直して頂きながら『この木板は他にも種類があるんですか?』と聞くと
『いいえ・・・実は職人さんの体調の事情で数多く生産できなくなってしまったんです。』とのこと。
え!?国内生産?しかも職人さん!?
そう言えば私の看板を最後に売り場には在庫が無くなっていた。
3年前はいっぱいあったのに今回は少なかった貴重な板。
どうやらこの板にも制作者と仕入側の様々な想い入れがあるそうです。
今回売り切れてたらなかなか入荷しないとのこと。よかった~、あって!

私の看板は本当に沢山の人の拘りや手助けで出来上がったのだとつくづく思い知らされながら
あっと言う間にお直し完了。最後に丁寧にお礼を述べ、
『3年前も、そして今回もお世話になった女性スタッフにも宜しくお伝えください』と言うと、
『あ、彼女は店長です』と・・・え~!?なに~店長さん!?
店長さんってあんな風に低姿勢で現場に出てるもの!?
更にビックリ!仕事にかける情熱と拘り、お客様への対応などなど色々感心する事ばかり。
安い看板だけど、決して手を抜かない彼女の仕事っぷりに感動です。

看板はスタジオの顔。
また数年後のリニューアルまでにどんな変化があるのか・・・
どんな成長があるのか・・・

決して有名なデザイナーさんが手がけた訳じゃないこのロゴと共に、
沢山の方から頂いた力を無駄にせず〇〇ハンズの看板でまだまだ頑張り続けます(^^)/

最近は生徒さんに可愛いミニ看板(カラー用の)も作って頂き♪本当に皆さんのお蔭です。
また新たな気持ちで、今後ともCooriaをどうぞ宜しくお願い致します(^_-)
長々とお読みいただきありがとうございました。

リニューアルの意味” への2件のコメント

  1. あの看板にそんな誕生秘話があったとは!chaiさんの情熱と店長さんの情熱がクロスして出来た素敵な看板ですね(あ、職人さんのも…)

    素敵なお話をありがとうございます。
    いろんなこと学ばせていただけて、『私は幸せものだなぁ』と思いました。

    私も心を込めてお仕事させていただきます!

  2. Mihoさん
    何かを生み出すってことは自分一人の力だけじゃなく、沢山の方の協力があってこそ。何かを実現したら自分の力を驕らず、まずはそのプロセスに関わった方々に感謝しないとですよね・・・。日常って感動のシーン、勉強になる素晴らしいシーンが沢山です。何をキャッチするかで自分の人生って変わってゆくものなんだな~って改めて感じました。美穂さんとの出逢いも、私にとっては人生を変えた素敵な出来事です。感謝!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です