ヘイジュード

オリンピックの開会式でポールマッカートニーが歌っていた
『Hey Jude』
何だかとっても懐かいメロディーでした。
私がビートルズを聞くようになったきっかけの曲。
ビートルズの歌の中でも特に好きな曲です(*^^*)
でも、歌詞ってじっくり考えたことなかった。
そして、オリンピック開会式に合う歌なのかな・・・と更に歌詞が気になる。
なのでこの機会にじっくり和訳を・・・・

ちなみに・・・
『ヘイジュード』を「ねえ、君」
『彼女』を「ありのまま」
と、置き換えて読むとなんだかしっくりきます。
オリンピックに合うのかは微妙なところですが(^_^;)
まだ始まる前なのに励ましの歌って…(^_^;)
ま、いっか。

以下、歌詞です♪
———————————————————————————————-
ヘイ、ジュード 落ち込むなよ 悲しい歌も少しはましにできるさ
彼女を君の心に受け入れるのさ その時 全てが良い方向に向かいはじめるさ
ヘイ、ジュード 恐れるなよ 君は出て行って彼女を手に入れる事ができるさ
彼女を君の心に受け入れるのさ その時 全てが良い方向に向かいはじめるさ
そしてどんなにつらい時でも ヘイ、ジュード 思い出して 全てをひとりで背負い込むことはない
君はクールを気取っている奴は馬鹿だって知っているだろ?
それは人生を少しつまらなくするだけさ
ヘイ、ジュード がっかりさせるなよ 君は彼女を見つけて手に入れる事ができるさ
彼女を君の心に受け入れるのさ その時 全てが良い方向に向かいはじめるさ
全てを捨てて全てを受け入れろ ヘイ、ジュード はじめよう
君は誰かが助けてくれるのを待っている でもそれは君がやるべきことなんだ
ヘイ、ジュード 君ならできるさ 君に必要なことは君にしかできない
ヘイ、ジュード 落ち込むなよ 悲しい歌も少しはましにできるさ
彼女を君の心に受け入れるのさ その時 全てが良い方向に向かいはじめるさ
—————————————————————————————————-
『ありのまま』
ありのままって何だろう?
起こっている出来事全て?

『受け入れる・・・』
簡単に言うけどこれがまた難しい。
受け入れるには心に余裕が無いと・・・
じゃあ余裕はどうしたら生まれる?
やっぱりそこには時間が必要。
時間と共に心に余裕が生まれ受け入れる
『時間』ってやっぱり大切ですね。

『ありのまま』 『受け入れる』
こんなキーワードがやけに心に引っかかった時は・・・
心と体を休める休息を。
たっぷり充電して・・・きっと全てが良い方向に向かいはじめる。
歌が繰り返し歌われるように、人生もこの繰り返し。

世界中の方に向けたこの歌。
誰だって受け入れられない時はあるのです。
そして、たとえ落ち込んでも時間と共に現状よりいい方向になるのです。
焦らず・・・のんびりと休息を。

 

ヘイジュード” への2件のコメント

  1. こんばんは。
    私も同じことを思っていました。
    あの開会式は迫力も美しさもあってそれは見事で、ポールマッカートニーと会場全体の大合唱は感動そのものでした。
    でも、あの曲ってどういう曲???
    私はビートルズ詳しくないので、読ませて頂いて、そういう曲だったのかと知りました。
    時間が必要なこと、人生、そういうことだらけに思えます。この頃特に。
    急いてはなんとか?ということわざがありますしね⁈ なんとか…では何の諺か説得力がないですね。。あら。
    受け入れるには時間が必要、、とても深い教訓に思います。
    とにかく、同感です。

  2. エリコさんへ
    イギリスといったらビートルズ
    でも意外と皆さん知らないもんですよね。
    どんなに辛いことでも時間と共に・・・楽になる。
    無理に忘れよう、受け入れようとすると、
    無理した分だけまた苦しくなる。
    いつでも時間が止まらず常に進んでゆくことに感謝ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です