人間としての在り方


先日『TCカラーセラピスト公式勉強会』を開催しました。
クーリアから沢山のカラーセラピストさんが生まれてきましたが
今回はその中から8名を募集し、あっと言う間に満席。
皆さんの勉強意欲をとっても嬉しく思いました。

カラーセラピスト講座を受講後、ご家族やお友達をセラピー出来、
それだけでも素敵なライセンスなのに
更に学びを深めたいと集まってくださった皆さま。
今回の勉強会では『セラピスト』としての在り方や復習が中心でした。

そして、ライセンスを取得したその先にある問題点や課題を経験の上でお伝えし
皆さまの現在抱える疑問をクリアにしてゆく、そんなひと時。

講義の始めは緊張していた方も、セラピストとして本当に大切なものに気付き
最後は人間らしく、セラピストとしてよりも一人の『人間としての在り方』を学んだようです。
そんな気付きを得た皆さんはこの先、更に素敵なセラピストさんへと成長してゆくことでしょう。

『カラーセラピー』とは・・・
自分自身とのコミュニケーション。他社とのコミュニケーション。
コミュニケーションツールの一つでしかありません。

このライセンスを取得する意味は決して立派なセラピストさんになることではなく
この学びをきっかけに、まずご自身が心を解放し、周りの方へ心を寄せる心のゆとりを持つこと。
ひとりよがりで、自己満足のセラピストさんになることではありません。

まずはご自身がしっかりと自分と向き合い、ご自身の全てを受け入れ。
『自己開示』心を開いてゆく・・・

自分の心が開けていないのに、セラピストとして周りの方を癒したり、
心を開かせることは難しいでしょう。

セラピストになること自体は決して難しいことではありません。
大切なのはご自身のハート。

このブログをご覧になっている方も
相手の心に寄せる気持ち
相手の話に耳を傾ける意識
そうできる心のゆとり、余裕があれば誰だってセラピストさんです。
何かツールが無ければ人を癒せない・・・そう考えるのではなく
何もなくったって相手を想う気持ちがあれば、きっと大切な方の癒しになるのです。

最近はいじめの問題ばかりがニュースになっています。
どうしていじめがなくならないのか
犯人捜しや裁判をすればなくならないのでしょうか?
本当に大切な部分を見失っている・・・
いじめは、いじめをする方もされる方も隣り合わせな気がします。
両者とも、周りにちゃんと話を聞いてくれる人はいたのかな
ちゃんと向き合ってくれる人はいたのかな

向き合ってもらえず、寂しいく孤独になる子もいれば
向き合ってもらえない不満を周りにぶつけ発散する子もいる。

皆が同じ気持ちになる事は難しい。
元気な子もいればおとなしい子もいて・・・
何がいじめで何が悪ふざけなのか線引きも難しい。

大切なのは何が悪い
何が善いと仕分けすることではなく両者の気持ちを理解する事。

物事には必ず裏表があるのです。
善があるなら悪も存在します。
悪がなくなったら善だけになるのではなく
善があればどこかで悪は存在してゆくのです・・・見えない場所で。
見えなくならないように。
気付ける世の中になって欲しいと願うばかりです。

大人の世界も同じ。
あなたの周りには向き合ってくれる人はいますか?
気付いてくれる人はいますか?
もしもいなかったら・・・
勇気を出して環境を変える事も必要です。
そうすればきっと出逢えると思います。きっと・・・

セラピストの講座も、皆さん初対面の方ばかり。
始めは緊張もします。
でも、想いが同じだから・・・違和感なく馴染んでゆける。
心を解放して学んでゆく場所だからこそなのかも知れません。
そんな場所に参加するのもなかなかいいものですよ。

『人間としての在り方』
せっかく生まれてきたのだから、沢山の人と心を通わせ
向き合いたい・・・そう思いませんか?
人生の中でどれだけの人と関われるのか
どんな関わり方をするのか
コミュニケーションこそがこの世に存在する意味なのだと思う私です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です