Railway


今自分の置かれている環境・・・
満足していますか?感謝していますか?
それとも・・・
もっと「あ~したい」「こ~したい」と望むことはありますか?
誰だって今の自分に満足できず、周りの方の環境を羨ましいと思うことは少なからずあるものです。

女性は特に何度か人生の中でレールを乗り換える時があります。
特に結婚・出産・は今までのレールではなく、それを望み手に入れた時から全く違うレールへと乗り換えることになります。
目指す目的地は同じでも、今までと同じレールに乗りながら進むのではなく全く違うレール(環境)へと変わりながら前へ進むのです。

独身でまだ若かった時は、結婚の先に子育てがあると思っていました。
でも、今になって思うのです。子育ては結婚の延長上にあるように見えて、
実は全く違うレールの上なんだと。

そして数年前に離婚をし、子育てをしながら仕事をすると言うまた別のレールへと
乗り換えたこと。その違うレールへと乗り換える選択をしたことで
今までの環境から手放さなくてはならないものが沢山あり、
その環境を受け入れる覚悟が必要でした。
更に私は乗客のいない汽車ではなく幼い子供が乗っている汽車ですから、
子供が巣立つ日まで安全に載せてゆく使命もあります。
それでも違うレールへと乗り換える決断をした過去の自分。
そして、今はこのレールに満足です。

たまに『子育てしながら仕事もしてて羨ましい。私なんて平凡な主婦だから・・・』
と言われる時があります。そんな時、私が決まって言うこと、それは
『平凡を保つ事が一番難しいかも知れませんよ。今すぐ私みたいに忙しくなりたいですか?』
と質問してみます。すると大抵『いや~無理です。そんな行動力ないから』
との返事が返ってきます。

そうそう、それでいいんです。
『専業主婦』と言うレールに乗っている限り、平凡だと感じる瞬間は誰だってあるもの。
もしもその平凡から抜け出したくなり『バリバリフルタイムで働くママ』になりたければ、
全く違うレールに乗り換えなければなりません。
例え私のように離婚を選択しなくても家族との時間が短くなったり、
今まで過ごしていた環境とは全く変わってきます。
もちろん充実感や達成感は味わえるかも知れませんが失う時間も多いもの。

今独身の方は「早く結婚したい。でも・・・・」
結婚した方は「子供をそろそろ授かりたい。でも・・・」
お子さんが一人居る方は「もう一人欲しい。でも・・・」
平凡を感じている方は「そろそろ働いたり、何か自分らしいことをしたい。でも・・・」

もしもそんな想いで毎日を過ごしているのなら・・・
今置かれているレールから乗り換えるのは自分自身です。
そして、迷っているのも自分自身。
自分ではどうにもならない理由があるなら、
どうにもならない理由をずっと重たく抱えてゆきますか?
何かに理由をつけて乗り換えられない自分のままスッキリしない気持ちなら
ちょっと考えてみてください。

それは『誰のため?』 『何のため?』 『それは本当に手に入れたいこと?』
人は本当に手に入れたい目的のためなら迷いもなく進めるはずです。
手に入れたい・・・でも・・・と、何かが心にブレーキをかけているのなら
自分に問いかける時間も必要です。
意外と今の自分に満足したり今の自分が悪くないなって思えるのではないでしょうか?

違うレールを生き生きと進んでいる人を羨む前に、
まずは今の自分のレールを見つめ直してみる。
『今の自分のレール』そこにもきっと心地よいひと時・幸せなひと時があるはずです。
今のレールだからこそ味わえる素敵な時間に満足してみる。

置かれている環境に感謝が出来るあなたなら、
きっと誰かが羨ましいと思ってくれているはずです。

●『~したいけれど~できない』
なぜ~できないのでしょうか?
●『それは何のため?誰のために~したいのでしょうか?』
もしも誰かのためにと思っていることならば、
それは本当に本人が望んでいることでしょうか?

もしも自分ではどうにもならない理由で手に入れることができないのであれば
それを手に入れるのは今じゃなくてこの先にいつかそれを手に入れるチャンスが
待っているのかも知れません。

『今』に感謝の気持ちを持つと、その先のレールが輝いて見えますよ。
乗り換えるもよし。乗り換えないもよし。
ピカピカのレールはピカピカの心と共に・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です