ほげちゃん。


『ほげちゃん』
最近子供に与えた絵本です。

絵本の内容を簡単に説明すると・・・
ある日幼い女の子の元におじさんからぬいぐるみが届きます。
へんてこりんな風貌のぬいぐるみに、家族で『ほげちゃん』と名前をつけ皆で可愛がり!?(可愛がるというより生活の一部のように乱雑に扱われるほげちゃん。)よくあるような光景です(笑)

そんなある日、家族が外出します。ほげちゃんは『汚いから』と玄関に置いてきぼり。
飼い猫と一緒にお留守番です。
すると・・・ぬいぐるみのはずのほげちゃんが突然動きだし、
『ゆるせない~!!』と家中で大暴れ。
どうやらほげちゃんは今までのうっぷんが溜まっていたようで・・・
それはそれはすごい勢いで(笑)家中をちらかしまくります。(ひ~っ)
帰宅した家族はその光景を見てびっくり。猫がやったと勘違い。
でも、元のぬいぐるみに戻り、床に落ちていたほげちゃんを見て家族が洗ってくれます。
洗濯ばさみでつままれ、天気のいい外に干されながらほげちゃんはつぶやきます
『きょうはなんだかたのしかった・・・』

それがこの絵本のラストです。
初めてこの絵本を読んだ時は、ほげちゃんのあまりの変貌っぷりに
思わず笑ってしまいました。我が子も笑いながら何度も何度も読んでとせがみます。
そしてなぜかほげちゃんの最後のセリフが心に残ります。
ほげちゃんはきっと日頃のストレスが溜まり、それを発散して、
『まいっか』みたいな・・・
怒ってはみたものの、やっぱり家族。そんなに嫌な環境じゃなかったのかも?

人はストレスを全く溜めずに生活するのは難しいものです。
大人だって、子共だって、ぬいぐるみだって!?ストレスが溜まるのでしょう。
ただ、必要なのはそれを発散する場所・時間。
発散しちゃえばなんてことない。そしてまた溜まって・・・そんな繰り返なのかも。

先週の土曜日、仕事を終えて子供とお散歩に出かけました。
私が仕事を終えるまで待っていた我が子、終わったと同時に大はしゃぎ。
お散歩してても真っ直ぐ歩かず・・・動きまくりの~おしゃべりしまくり。
ちょっと落ち着きたい私に容赦なくまとわりつきます(><)
そして沢山お散歩した挙句 『喉が渇いた』とのご意見。
近くにあったカフェでお茶をすることにしました。(完全に子供のペース)
『ココアください!』
勝手にオーダーする我が子。(おいおいっ)
ご希望のココアとクッキーが到着すると・・・彼女から一言、
『あ~、し・あ・わ・せ』
ほっと一息つく我が子を横目に、4歳児がカフェで「しあわせ」って(苦笑)
でもその表情は本当に幸せそうでした。
お仕事を終わるのを待ちながらエネルギーが有り余っていた我が子は
ほげちゃんみたいに発散してやっと落ち着いたようです。
ストレス発散させてあげて本当によかった(^^)そう思った私です。(ほっ!)
子供も大人も溜まったストレスは発散しないと・・・ですね。

ほげちゃんの絵本、実は最後の最後のページに『ほげちゃん』の
作り方が書いてあります。母に『ちょっと作ってみてよ~』とさりげなく
頼んでみたら・・・なんと今日午前のレッスンが終わり実家へ行くと、
本当に作っていてくれてました。(私が作れって話!?)

夕方保育園から帰って来た我が子がどんな反応をするのか・・・
ワクワクしながら本さながら箱に入れ、小包を作成。
帰宅した我が子に『荷物が届いたよ!』と知らせると、
一目散で玄関へ。そして・・・『わ~!なんだろ!?開けて~』と・・・
(しめしめ。作戦成功)
箱を開けた我が子は『うわぁ!!!ほげちゃんだ~!』
と大喜びです(^^)/
喜んだ我が子は、ほげちゃんを抱っこしてスリスリ。

我が家の新しい仲間『ほげちゃん』
当分の間は外出しても暴れ出さないでしょう・・・。
暴れないようにずっと可愛がらなきゃ。
物は大切に。そんなメッセージもあるのかも!?
作者にしかわからない不思議な、へんてこりんな?絵本でした(笑)
一度読んだら癖になる!?Chaiのおすすめです(^^)

あ、ちなみに・・・大人の皆さま。
ストレス発散にはちょっと動きの多い『アクティブヨガ』がおすすめです。
沢山動いて余ったエネルギーを発散してみましょう。
レッスン後、きっとあなたの心の中に穏やかな気持ちが広がりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です