キッズじゃなくてもキッズヨガ!?

無事何のトラブルもなく3日間が終了~、2日間の朝に保育園から連絡があるドキッとした瞬間もありましたが大丈夫でした。ほっ!

今回はブリン先生の妊娠が発覚、とっても幸せ一杯の中でいいエネルギーをいただきました。妊婦日記をつけているそうで、そう言えば私も毎日欠かさず、しかも写真つきで日記をつけていたっけ…。なつかしいなぁ。
大人なになったら渡そう。あ、でもその前に悪い子に成りかけたら日記の角でコツンと一発渇をいれちゃいます。

妊婦時期って幸せだけど、子育ては毎日ほのぼのとは行きません。
だからこそ、親子ヨガやキッズヨガが必要なのではないかと思うのです。

三歳の我が子、いつも夜のクラスが終ると、スタジオと隣の家とを繋ぐ入り口の前で待ち構えています。(どんな造りなの?と気になった方は見に来てくださいねっ)

毎回まずはお掃除。一生懸命スタジオをまぁるく掃除機がけ(涙)、そしてクイックル。結局いつも翌朝お掃除するはめに…。お掃除が終るとキッズヨガ開始です。私が以前教えた流れ(ヨガエドカリキュラムにちゃんとそって)それを真似して我が子がインストラクターになります(笑)これ、かなり笑えてとっても可愛い!ちゃんとシャバアーサナもあるんです。こんな場面を見ると、ヨガやってて良かったなぁ~と幸せな気持ちになります。

キッズヨガはポーズの完成度はあまり意識しません。大切なのはヨガを通じて楽しむこと。そして親子ヨガならスキンシップを楽しめます。

今回の講座で、私のキッズヨガへ対しての目指すところ、私なりのアプローチの仕方が更に明確になってきました。キッズに向けたヨガとしてだけでなく、子育てをする大人へのアプローチも深めたいと思います。子供とどうやってスキンシップを取るのがいいのか?家で出来る親子ヨガポーズは何がいい?などなど、ヨガを通じての子供の扱い方、スキンシップの取り方などをお伝え出来る環境を作って行きたいと思います。

今回の学び、私の頭の中をまとめ、改めて皆さんにお知らせしますね。もうしばらくお待ちくださいませ~っ

キッズヨガって、大人がやっても楽しいですよ~、結婚がまだでも、子供がいなくてもいいんです。皆さん自身がたまには子供に戻って楽しみませんか?体験してみたい方は是非ご一報を…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です