地震発生から1日が過ぎ・・・

こんにちは。
あのものすごい揺れから1日が経ちました・・・
今日はカラーセラピスト養成講座の開講日でしたが、こんな日はご家族と一緒にいるのが一番。残念だけど延期しました。
1回目の揺れから余震の間など、1日中携帯はメールを受信。日ごろから、人対人のコミュニケーションが必要だとレッスンの時にもお伝えしておりますが・・・
今回は違った。もちろん近くに誰かがいてくれる事が一番いいのですが、家族や友人がそれぞれの時間を過ごしている時間帯での地震発生。自分の身の安全は確保したものの、家族や友人の安否が気になります。そんな中でのメール・・・電話は繋がらなかったので文字でのやりとり。ご家族や親戚・友人などとのメールのやりとりはとても心強く有難いものだと感じました。おそらく今回のメールは皆さん頭で考えず、想いのままに打っていたのではないでしょうか・・・
テレビでは悲しい現状を目の当たりにし、安全な場所でテレビを観る事が出来ている自分に安心感もあれば切なさもあります。心が痛む・・・。
でもそれは自分に与えられた環境です。もしかしたら救助されたり非難しているのが自分たちだったかもしれません。
神様は世界中にいます。それぞれの神様が心の中にいるのではないでしょうか?私はいつも特定の神様を信仰してはいませんが、それでも心の中にいつも神様がいて、地震の揺れている最中も『神様助けて~』と我が子を抱えながらテーブルの下に潜っていました。
神様は私たちに何を伝えたいのか・・・
悲惨な状況に居る方とそうでない方、なぜ分けるのか・・・
でもきっとそれが私たちの使命と役割です。自分の心と体に少しでも余裕があるのなら、弱っている方を元気にしたり勇気付けたり。困った状況に居るならばそうでない方にどれだけ大変だったのかをお伝えし、また他の場所で同じような出来事が起きた時のために安全対策を自分の経験から伝えることができます。ご家族を亡くされ悲しみの中にいらっしゃっる方も・・・その出来事はテレビを通して世の中の人々が改めて家族の大切さ、命の尊さに気付けるのです。自分がどの状況になるのかはわかりません。ただひとつ言える事、それは・・・全てのことは隣り合わせ。もし今温かい場所でご家族とテレビを観ながら過ごすことが出来ているなら、ご自身の置かれている状況全てに感謝してください。

地球が怒ってますね・・・。
私たちが環境問題などを考えるのは遅かったのでしょうか?
もう手遅れなのでしょうか?
そうは言ってもまだまだ生活は続きます。起きてしまったことを受け入れて生活してゆくしかないのです。私たち人間も手遅れにならないように・・・改めて心と体へ意識が高まり、健康であることと人との心のふれあいの大切さを感じています。
そして今の自分が何をするべきか。

ご自分の周りの方は元気ですか?
不安はなさそうですか?

こんな時こそ身近に居る方と、言葉と肌でのコミュニケーションを・・・遠く離れた方には温かい文字と声を贈ってあげてください。
ヨガクーリアは15日から再開します。この地震で心と体がお疲れの方・・・エネルギーを充電しに来ませんか?心と体へ意識を向けられる環境を整えて、スタジオでお待ちしています。

地震の起きる前、生徒さんから体調を崩している娘にお見舞いをいただきました。ご自身で作られた動物の風船・・・その手には桃の花。とてもかわいいです。
見慣れた風船が、形を変えたことで更に子供に感動と喜びを与えます。

物事を違う視点から見てみる・・・今あるものでもきっと何かの役にたつかも知れません・・・
資源の少ない日本でも、きっと今の状況を乗り切れるはずです。
皆で力を合わせ、アイデアを出し、できることから始めましょう・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です