心のスイッチ

 

今日はコーチングのお話・・・。

緊張した時、あなたはどうなりますか?
そしてその緊張をどうやって和らげますか?
不安な時、あなたはどうやって不安を取り除きますか?
緊張や不安を感じた時、そのまま物事に取り組むと、なかなか普段の様にはうまくいかない。皆さんも何度かそんな経験はありませんか?
では、スポーツ選手はどうなのでしょうか。一度切りしかない大きな大会、誰でも緊張したり不安になるのは一緒です。それでも結果を出さないといけません。アスリートの中でも、何度も何度もいい成績を納める事の出来る方は、一体何が違うのでしょうか?それは、瞬時に『気持ち』を切り替え『集中』する力です。つまりはメンタルな部分です。もちろん才能も必要ですが、本番で勝つには精神力、心の強化が重要です。イチロー選手がバッターボックスに入り、毎回同じ動作を繰り返します。あれは何?ただの癖?実は、あれは『心のスイッチ』(専門用語ではanchor)なんです。では、心のスイッチとは何か…。例えば、お友達とボーリングに行く事になりました。たまたま赤い服を着て行ったらストライクを出せた。次回も赤い服を着て行ったらまたストライクを出せた。似たような経験は誰でもあるのではないでしょうか?決して赤い服に魔法が有るわけではありません。それには理由があります。それを着る事で以前の成功体験が蘇り、自分の精神状態が安定し、集中できてるだけなのです。イチロー選手も同じ、成功体験をいつでも蘇らせるスイッチを持って居るのです。それがあの独特の仕草です。あの瞬間に気持ちが切り替わり、ベストな状態で安定したバッティングができるのです。パブロフの犬のお話しにも似ています。ベルを鳴らして食事を与えるとベルを鳴らしただけでヨダレが出てしまう。ベル、イコール『美味しい』と、知らないうちに自らインプットしているからです。それが心のスイッチです。コーチングではこのスイッチをそれぞれ皆さんのユニークな動作などで作ってゆきます。嫌な気分、不安な気持ちの時にこのスイッチを押せば(動作を行えば)気持ちがすぐに切り替わるようになれるのです。コーチングとはこのようなスキルを使って、自分自身の力で自らを向上させたり、気付きを得たりしながら。自分の才能を伸ばしたり、トラウマを克服したり、心をベストな状態に保てる素敵なものです。先日、コーチングの講義を受けながら『anchor』と言う言葉以外にもっといい言葉を見つけたくて…そこで!コーチングの本を出している方の本の題名に『心のスイッチ』と言う言葉があり、あ!これだ~と納得しました。私にも『心のスイッチ』があります。是非皆さんも『心のスイッチ』を作ってみてはいかがでしょうか?chaiが素敵なスイッチを作成いたします。(*^_^*)詳しくはコーチングセッションで・・・。


昨日心理学の講義から帰宅したら、なんと生徒さんからプレゼントが届いていました。素敵なメッセージとアドベントカレンダーです。カレンダーは12月1日からクリスマスまでの間、毎日一つづつ扉を開けながら出てきたチョコを食べれる美味しい箱です。ハロウインの時にも他の方に似たような箱を頂きましたが、今回はクリスマスの箱です。我が子のためにいただきました。とっても温かいプレゼントに感激です。カードのメッセージにもジーンときて・・・私にはきっと、この温かく素敵なプレゼントが喜びのスイッチになるでしょう。毎年毎年、アドベントカレンダーを見る度に、この温かい喜びの気持ちが蘇ってくるはずです・・・。そして、我が子には美味しいスイッチとなること間違いなしです。沢山の素敵なスイッチができますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です