セラピスト

17日(水)カラーセラピスト養成講座を開講しました。
今回も2名のセラピストさんが誕生!
朝からとっても寒い日でしたが、寒さに負けず元気にお集まりいただけ、なんと受講者の方から手作りの天然酵母パンを頂いちゃいました(^^)

何よりもパンが大好きな私。嬉しい~!しかも天然酵母を使用、自然の素材のみ使用した体に優しいパンです。パンのいい香りが恋しいけれど休憩時間までお預けです。
さっそく講義をスタート。
前回と同じ流れでやっていたのですが、受講される方によって講義の雰囲気も進み方も違うものなんだな~と感じました。ランチタイムは外出!同じ空間に居ると頭も体も凝り固まってしまうため、なるべく一度外に出てリフレッシュします。午後もあっという間に時間は過ぎ、外は真っ暗。まだまだお伝えしたいことは沢山あるのですが、ここで講義は終了。

いつものように記念撮影!

さて、ライセンスは取得できましたが、ここからがセラピストのスタートラインです。
カラーセラピストさんはまず経験を沢山積まなければなりません。私自身も今まで沢山のセッションを行ってきました。カラーセラピーは心を開く、気付きを与えられるツールだと考えます。なのでセラピストはそのツールを扱うスキルを持っていると言う事。クライアント自らが何かを感じ取り、自分自身を知っていただくためのお手伝いさんです。そして、心理カウンセラーは心の奥深い部分をクライアントから導き出すために、信頼関係を結びながらクライアントが前向きな気持ちになれるようにお話をしてゆくものだと考えます。カラーセラピストは心理カウンセラーとは違います。私の場合は心理カウンセラーとしてもセッションを行っていることもあり、カラーセラピーの時もこの心理の部分でのスキルも出しながら行っています。そのためセッションに時間がかかることもしばしば。結構パワーがいります。カラーセラピーのセッションは時間の区切りが重要ポイントでもあり、占いみたいな感覚で色の意味を伝えて終わらせる方も少なくありません。実際私もヨガのレッスンにカラーセラピーを取り入れおりますが、クーリアレッスンの時は皆さんの心の深い部分までお伺いすることができないので色の意味だけお伝えしております。ただし、個人セッションの時は時間の許す限り深いところまで入ってゆきます。このセッションの仕方、それが、私なりの私が見つけたスタイルと言う事になるのです。養成講座を受けられた方はカラーのセラピストであり、セラピストとしての活動しか出来ません。(心理カウンセラーは別のスキルを要するからです)ライセンスをどう活かしたらいいのか、きっとこの先どうしたらいいのか悩んでしまうことでしょう・・・。そんな時は、まずは色の世界を楽しむこと。そして周りの沢山の人に色の不思議や楽しさ、面白さを伝え、喜びや感動を与える、それだけでもカラーのセラピーになるのです。そして自分自身が色ってすごいな~ってワクワクしながら過ごしてみる。そうすることできっと何か自分の趣味や仕事などとの接点に気付き、そこから自分のスタイルが生まれてきます。セラピストになりたい方も、そうでない方も、きっとこの講座でカラーの世界を知ることで生活の何かがかわってゆきます。クーリアでは様々な形でセラピストさんをサポートしながら、自分らしいスタイルでセラピーを行えるように応援してゆきます。講座終了後もワークショップやイベントなども企画してゆきますのでご安心ください。

ご興味のある方、一緒にセラピストになりませんか?
次回は12月14日(火)開講です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です