ごほうび

 

今日はハロウィンですね。
私は毎年元町ストリートのハロウィンに参加しています。
我が子に仮装させ、一緒に元町のブティックやカフェに行ってお菓子をもらったり風船をもらったりして大人もちゃっかり楽しんでおります。が・・・
今年は、昨日までの雨と寒さで行く気になれず、今年は家族でランチに近くのレストランで食事。ワインを飲んで昼間からいい気分。完全にハロウィンは行かないモードになっていました。
ところが・・・我が子が午後からハロウィンのコスチュームを着たり脱いだり、何だか嫌な予感。(行く気マンマン!?)じゃ~夕方まで様子見だわ!って思っていたら、雨がポツリポツリ。やっぱりね~、これは神様のお告げだな、行かない~。と勝手に気持ちを整理。でもカボチャのコスチューム姿の我が子がとても気の毒に・・・そうだ!お誕生日のプレゼントを買いに行こう!来週誕生日だし、ハロウィンは行かないけど外出だ~と、近所の高島屋へ(地味な行動)
お目当ては・・・そう。現代の小さい女の子の憧れ?『プリキュア』です。(この手の物には手を出したくなかったが・・・そうも言っていられません。)
『フラワータクト』って言う、いわゆる魔法のスティックを購入。(て、言うか4500円って。高い!)でも嬉しそうにカボチャの格好で高島屋の前で振り回しているし(笑)ま、いっか~。
帰宅後、説明書と一緒に何やら付属品を発見!さっそく説明書を読んでみると、ハートのパーツが3つ、そのパーツをスティックにはめ込むと色んな機能が・・・フムフム、なるほど~。(昔とは違ってかなり進化しているのね)どうやらアニメの中でもプリキュアさんたちはそのハートを頂くのに必死なようだ。(よく内容がわかっていなくてスミマセンっ)
さて、そろそろご飯を食べるか~と席に着くと、『なんかちょっと今日は食べません』と、ご飯をダイエット中のOLみたく断る我が子。そんなの容赦なく却下です。でもどうやって誘導しよう・・・(あっ、そうだ!いいいものがあるぞ)

私:『ねえねえ、プリキュアさん。ハートのパーツ欲しくないですか?』
子:『うん、ほしいです~』(なぜか敬語)
私:『じゃー沢山ご飯食べて最後にいい子でごちそうさまって言えたらあげる』
子:『うん!たべます~』もくもくと食べ始める我が子・・・
子:『きれいにたべました~』
私:『はい!では、約束通り、ハートをプレゼントです。おめでとう!』
子:『わ~、ありがとうま~す』(ござい、が抜けてる・・・)

そして大喜びで、使った食器も流しへ運んで、とってもいい子でした。
(うひひ!当分はこの作戦でうまくいきそうだわ、とピュアな子供の背後に悪の母親が潜んでおります。)
けど、ご褒美っていいな~。モチベーションが上がりますよね。
私たち主婦の場合、どんなに頑張ったってご褒美なんてもらえません。
な~んて思いながらこのブログを書き込んでいる最中・・・
我が子が近くにやってきた。『ママー、お仕事中?あのね、プリキュアありがとね。プリキュアになったし~、お手伝いだよ』って開いていたドアを閉めてくれました。(て言うか開けてたんだけどね)そうか、プリキュアはお手伝いもしてくれるのね(笑)
主婦、そして子育て、仕事、ちょっと忙しいけど・・・私には『物のご褒美』じゃなくてこんなにかわいいご褒美がいつもそばに居るんだ!と心がほんわか温かくみたされました。物じゃない、心の中で感じるご褒美・・・気付けてよかった~。
皆さんはどんなご褒美が好きですか?物?それとも心の中で感じるものでしょうか?私はもちろん心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です