なかよし。

最近生徒さんから「かわいいですね」とか「見てると心が和みます」などのお声をいただきます。あ、もちろん私のことではなく(悲)石像のことなんです。石像!?は?って思っちゃいますよね。あの~、家の中に怪しい石像が置いてある訳ではなく(笑)庭の後ろのほうで寄り添いあう2人の子供の形に彫られた石像のことです。この石像は今は亡き祖父が家を建てた時に気に入って置いたものだとか・・・。旅行好きだった祖父はこの他にもバリから母と子の(母が子をおんぶしてる)大きな木像を購入し船便で送ってきたり(今はここにはありませんが)とにかく驚かされることしばしば・・・。そんな祖父が置いた石像。スタジオをオープンするまですっかり忘れていました。今になってその石像が脚光を浴びているのが何だか不思議です。でも確かに窓の外で微笑ましく寄り添っているその石像は見ているだけで心が穏やかになるんです。そしてこの石像には題名があります。それは「なかよし」。購入する際にその題名で売られていたそうな。「なかよし」か・・・。前の日記でヨガにはライバルは要らないって書きました。日本にはいろいろな習い事があります。文科系のものは置いといて、身体を動かすものに関してはライバルは付き物ですよね。競い合いながら上に行く。でもヨガは逆です。始めたばかりの頃は周りが気になってつい頑張ってしまう。それが段々と自分自身ときちんと向き合い始め周りのことなんか気にならなくなる。レッスンの後には不思議と回りの人と一体感が生まれ穏やかな気持ちにもなっちゃいます。社会に出ると人との一線を引いて仕事をしたり、育児中でもママ友と浅く広い人間関係を築き上げてしまいます。その人間関係からストレスを感じたりもしますよね。ヨガは別に他の人と仲良くしよう!って無理をしなくてもなぜかその場は和やかになります。それはきっと相手を受け入れようと言う温かい気持ちと心に受け入れるスペースが出来るからなのではないでしょうか?もちろんレッスンが終わり翌日にはまた仕事や家事・育児で心のスペースもなくなり受け入れる気持ちもなくなってきてしまいます。そうなると他人のことより自分のこと優先になって関係もピリピリ・ギクシャクしたりしちゃうんです。方法は何であれ定期的に自分自身としっかり向き合い、心にスペースを空けておくことはとても大事なことなのではないでしょうか?心に余裕を持つ、それが周りとの穏やかな人間関係広い意味での「なかよし」に繋がるのではないかと・・・。もちろん無理に仲良くしなくてもいいんです。ただ、嫌いな人・苦手な人を減らすだけでも日常のストレスはかなり軽減されるものです。いや~な人間関係、まずは自分自身をしっかりと見つめなおし、相手を受け入れられる穏やかな心を手に入れましょう。あなたにはどんな「なかよし」がいますか?「なかよし」しようとしていますか?家族・恋人・友達あなたが変わればきっと周りの接し方も変ってきます。
スタジオの石像、画像は載せません。(特に意味はなくただ撮るのが面倒なだけです。はい)スタジオにお越しの際は是非見つけてみて下さいね。隠れミッキーじゃなくて隠れ石像。すぐみつかります(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です