なんくるないさ~旅行記①

『なんくるないさ~』
沖縄の方言。「なんとかなるさ」という意味。
本来は「真(まくとぅ)そーけーなんくるないさ」の定型句を構成する言葉で、人として「まくとぅそーけ=正しい事、真(誠)の事をすれば」「なんくるないさ=何とかなるさ」を意味します。更に深い意味は「挫けずに正しい道を歩むべく努力すれば、いつか良い日が来る」ということ。単に「何とかなる」と言う楽観的見通しを意味ではないようです。儒学者胡寅(こいん)著書「読史管見」の言葉、「尽人事待天命=人事を尽くして天命を待つ」や英語で”Do
the likeliest, and God will do the
best.”に相当する。
ちなみに、ただ単に「どうにかなるさ」は「ちゃーにかいさ」です。
「なんくるないさ~」は口にすると何だか元気が出る不思議な言葉ですね。

日々の忙しさの中、『なんくるないさ~』と頑張って着ました(笑)
そんな私も、やっと久々のお休みを頂き、今回は沖縄旅行を満喫してきました。(当初の予定ではバリ旅行だったんだけど・・・それはまた次回のお楽しみ。)

出発前から天気だけが心配でしたが、高気圧に恵まれ、3日間とてもいいお天気でした。実は台風6号が迫って来ていて、今日辺りから沖縄はずっと雨だそうです。ギリギリセーフ!今回の滞在地は沖縄の那覇、リゾートエリアの北谷(ちゃたん)です。今回で2回目の宿泊になる『ビーチタワー沖縄』は、サンセットビーチの後ろにそびえ立つ高層ホテル。前回宿泊してとっても良かったので今回もここに決定。今回は4名だったので高層階の素敵な和洋室にしてくれました。

 

ソファのある広いリビングと琉球畳のお座敷、奥にはベッドルームです。


このホテルは全ての部屋が広く、眺めも最高なんです。

ベランダも広々気持ちいい~。早速ヨガポーズ。(ここで2日間早起きして『朝ヨガ』を楽しみました。)

 

部屋に荷物を置いて、周辺を散策。ホテル内は子供から大人まで楽しめる要素がいっぱい。スタッフも皆さん感じよく特に子供にとって嬉しいのは館内の至る所に動物が居て(匂いなどは全くありません。)外にはかわいいワンちゃん2匹とヤギがいました。どこもとても清潔に保たれています。ホテルのすぐ隣は、那覇のお台場?みたいな『アメリカンビレッジ』があります。ショッピング&お食事、観覧車もありとても賑やか。外国人も沢山いるので海外みたい。本日の遅いランチはアメリカンビレッジ内のカフェ 『depot’s
Garden』にて『ベジタブルカレー』です。沖縄料理じゃないぞ(笑)

 

その後7時頃までホテル前の海に入りましたが、沖縄は本当に日が長い・・・

この時点で6時半です。結局夜ご飯を食べに行ったのは9時近く。ある意味時差ボケ?
夜ご飯は沖縄の居酒屋?古民家のような場所で沖縄料理とオリオンビールです!
前回もここにお邪魔しましたが、ここの「島らっきょの天ぷら」と「ラフテー」は格別です。沖縄のお酒、「泡盛」は苦手なので、生ビールで乾杯!2日目・・・。前回のブログでお伝えした「古宇利島」へ行ってきました。
 
ここはお魚が沢山泳ぎ、貝殻もサンゴもいっぱい。
 
毎度お約束の沖縄アイス「ブルーシールアイスクリーム」
食べたのは『ちんすこうバニラ』バニラアイスにちんすこうが混ざってる。むふふ。
余談ですが・・・
“ちんすこう”と言う名前の由来には2つ説があります。”ちん”は「珍」、”すこう”は「お菓子」という意味で、
「大変珍しい貴重なお菓子」という意味であると言う説、”ちん”は「金」、”すこう”は「お菓子」で、「とても高価なお菓子」という意味であると言う説の2つです。どちらにしても貴重だったということのようです。ちんすこうは、はじめ琉球王朝の王侯貴族だけが食べることができた宮廷菓子でした。
一般人が、食べることができるようなお菓子ではなかったので「ちんすこう」と命名されました。そんな「ちんすこう」、沖縄と言えばやっぱりこれなんですが、今回は「ちんすこう」以外にも美味しいお土産を探せたらいいな・・・。
2日目は夜に沖縄民謡と食事、アメリカンビレッジでの夜な夜なショッピングで修了しました。え!?もう最終日!楽しい時間はあっと言う間です。★「なんくるないさ~旅行記」パート2に続く・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です