アンパンマンのマーチ

前々回のブログ・・・
「停電の中、ラジオからアンパンマンのマーチが流れてきて、涙が出てきました」とコメントしてくださった方が居ました。
皆さんにも改めてこの歌詞を読んで頂きたいと思い、載せてみましたので、どうぞじっくりとご覧ください・・・。


「アンパンマンのマーチ」 作詞:やなせたかし

  そうだ うれしいんだ  生きる よろこび
  たとえ 胸の傷がいたんでも

なんのために 生まれて  なにをして 生きるのか
こたえられないなんて  そんなのは いやだ!
今を生きる ことで  熱い こころ 燃える
だから 君は いくんだ ほほえんで
そうだ うれしいんだ  生きるよろこび
たとえ 胸の傷がいたんでも
ああ アンパンマン やさしい 君は
いけ! みんなの夢 まもるため

なにが君の しあわせ  なにをして よろこぶ
わからないまま おわる  そんなのは いやだ!
忘れないで 夢を  こぼさないで 涙
だから 君は とぶんだ どこまでも
そうだ おそれないで  みんなのために
愛と 勇気だけが ともだちさ
ああ アンパンマン やさしい 君は
いけ! みんなの夢 まもるため

時は はやく すぎる  光る星は 消える
だから 君は いくんだ ほほえんで
そうだ うれしいんだ  生きるよろこび
たとえ どんな敵が あいてでも
ああ アンパンマン やさしい 君は
いけ! みんなの夢 まもるため


いかかでしょうか・・・。
実はこの歌詞、私の行っている「コーチング」心理学の要素が沢山詰まっている歌詞なんです。
特に黄色で示した部分、とても心に響きます。

「なんのために生まれて、なにをして生きるのか、答えられないなんてそんなのは嫌だ!」
皆さんは答えられますか?

「なにが君の幸せ、なにをして喜ぶ、答えられないまま終わるそんなのは嫌だ!」
皆さんにとっての幸せとは?嬉しいのはどんな時?

「時ははやくすぎる 光る星は消える だから君は行くんだ ほほえんで」
人生は長いようで短く・・・いつかは消えてしまうもの。悔やみ・悲しむ暇はない、とにかく時間を無駄にせず、笑顔で進まなければ・・・

この歌詞を聴いて、皆さんにはどのように響くのでしょうか・・・
今置かれている現状はそれぞれ違います。でも、きっと今被災地で辛い状況に置かれている方にとって、「生きていること」「生きていられること」に感謝の気持ちで一杯なのではないでしょうか・・・。私たちよりも、もっともっと強く感じていることと思います。この先また生活が整い、今までのような日常が戻ってきたら、私たちは今と同じ気持ちでいられるのでしょうか?
この先も、「生きることの意味」生きていることに喜びを感じ、感謝の気持ちを忘れずに前進しなくてはいけませんね。

明日3月20日は満月・・・。
感謝の気持ちを月に込めて、そして満月のように明るく輝く未来があることを信じて頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です