TCマスターカラーセラピスト養成講座

色の知識を増やし、セラピー力を深めたい方におすすめの講座
 

カラーセラピスト講座を修了した方で、更に深く学びたい方、
スキルアップしたい方のために用意された講座です。

色彩連想からのカラーメッセージを増やし、
ご自身の言葉の引き出しを増やしていき
マニュアルがなくてもセラピーができるようになります。

14本のカラーボトルの意味を更に深め
ワンランク上のカラーセラピストを養成するための講座内容、
伝えたい言葉が増えることにより、
コミュニケーション能力の強化にも繋がるでしょう。


【開催日時】

2017年12月26日(火)
11時00分〜16時00分 (開場10時45分)
途中短い休憩はありますが、ランチ休憩はありません。
各自早めのランチを済ませて来場ください。

《講座内容》 ・色彩言語の基本 ・色彩連想から言葉を拡げるワーク ・14色の意味
・カラーリーディングの仕方・カラーリーディングの練習
《費用》 27,000円(税抜)+追加教材3900円(税抜)
※講座修了後、TCマスターカラーセラピストとして認定されます。
《日程》 上記に記載
全6時間 開講リクエストも受付中。
講座受講をお考えの方はお気軽にお問合わせください。

《マスターカラーセラピスト講座受講者の声》↓

●初めのライセンス『カラーセラピスト』を受講したきっかけは、代わり映えのない日々に少し飽きていて、何か新しいことを始めたい。こんな軽い気持ちと好奇心で申し込みました。受講後に色の奥深さに楽しさを感じ、もっと知りたい!という気持ちが増して、今回更に上の段階『マスターカラーセラピスト』の講座を受講しました。 私以外の誰かにも色の面白さを伝えたり、カラーセラピーで気持ちが軽くなってもらえたらとても嬉しい事ですが、まずは自分がしっかり色と向き合って、もっとじっくり学んでいきたいなと感じています。
chaiさんの所へ行くと気持ちが明るくなれます。一緒に学んでいる方たちに会うと、頑張ろう!と前向きな気持ちになれます。またみなさんに会いたいと思ったのも、受講理由の一つです。

●次のステップに進もうと思ったのは、学びを続けたい想いと、新たなアイテムへの興味と心のトキメキです。クライアントになってくれる友人達にも、新たな気づきのカタチを差し出せる楽しみ。 そして、一本一本のボトルからのメッセージを、もっと深く学びたいと思ったからです。前向きに生きていく為には、幾つになっても’学び’は大切だなと、改めて感じました。一つの色からの連想トレーニングが、セラピストとしての心の引き出しが増えるトレーニングに繋がる。 学びと成長の鍵は、テキストだけでなく、自分の中にあるのですね。カラーを勉強していくと、自分が優しく柔らかくなれる様な気がします。 カラーボトルの様に、癒しと輝きを届けられたら嬉しいです。カラーセラピーを仕事にしなくても、自分と大切な人達に、キラキラのボトルと共にメッセージを伝え続けたいと思います。

● カラーセラピーを自分が受けた時に、心が解放され、前向きな気持ちになれて、色の素晴らしさをしりました。このことがきっかけで、色について学び、自分でも他の人にこの気持ちを感じて欲しいと思うようになりました。学んでゆく中で、自分自身にも仕事にも精神的にも、心からプラスになれるものなんだと感じて、ただ色について知りたいと思ったのが、色についてどんどん深く知りたいと思うようになりました。勉強会に参加するたびに、自分はまだまだ学びが必要だなと改めて思い、刺激され、色の奥深さを知り、もっと色の知識を増やしたいと思い、TCマスターカラーセラピストライセンスを取得したいと思いました。 人にセラピーしたいと思ったのが、きっかけでしたが、どんどん深く学ぶ事で、自信がついて、自分自身が成長していけるのではないかと思います。 これからももっと深く勉強して色の素晴らしさを学んでいきたいです。

●カラーセラピストの段階ではカラーの魅力を理解しきれていなく、次の段階ものスキルも身に付けたい!っと思い受講を決めました。実際に受講してみて、カラーの魅力に吸い込まれました。 前回だけでは浮かばないような連想物や言葉。 それが今回受講して次々と出てきたような。 まだまだスムーズに言葉が出てこなく、自分が描いてる自分とは違うけれど、いつか自分が描いてる以上の自分になれるように、一歩一歩前進したいと思います。

●カラーセラピストライセンスを取得後、人に色の力を伝えるにはまだまだ自分の力不足も感じ、もっと色のもつ意味を深く知りたく、講座で出逢った仲間と勉強することの楽しさ、他の人の思考を聞くことができるので次のライセンス取得の受講を決めました。
ライセンス取得講座以外にも開催される勉強会を受けることで、新な刺激も受けます。色のことを伝えることで自分自身の世界が更に広がっていったらよいと思います。