Chai’s Aroma Talk:センチメンタルな気分になったら…

Chai's Aroma Talk
9月
暦の上では秋

写真は「秋桜」と書いて「コスモス」
風に揺れる感じがとても可愛い野花。
山口百恵さんの有名な歌の題名でもありますが
曲も歌詞もなんだか哀愁漂う感じ。

そう、秋は「哀愁漂う」「センチメンタル」な季節。

夏の暑さも終わり
落ち着いた頃にふと、物思いにふけてしまう…
誰もが割とそんな時期なのです。

今回はそんなセンチメンタル気分から抜け出し
行楽の秋・食欲の秋・スポーツの秋に向けて
気分を変えるアロマ(精油)をご紹介します。

センチメンタル気分を脱するには
ほんわかHAPPYな気分に切り替えるのが一番。

と言う訳で

・スィートオレンジ
・ベルガモット
・イランイラン
・クラリセージ

この辺りが精神高揚・抗うつ作用が期待される精油。

スィートオレンジはほっと寛ぎたい夜にオススメの香り
ベルガモットは元気を与えてくれる香り
イランイランはその名の通り!?イライラを解消する香り
クラリセージはハッピーアロマと呼ばれるほど高揚感のある香り

これらを組み合わせて芳香浴するもよし
マッサージオイルとしてセルフケアに使うもよし

ゆったりリラックスすることで
女性ホルモンのバランスも整えてくれそうです。

爽やかな季節になり
心も体も快適なら言うこと無しですね。

秋は何かを始めるのにもぴったり。
アロマにご興味を持たれたら是非
Cooriaへ学びに来てください。

次回「はじめてのアロマテラピー」講座は
2017年11月1日(水)14時〜17時にて開催です。

詳細は以下をクリックしてご覧ください。

はじめてのアロマテラピー

Chai’s Aroma Talk:夏の風邪(扁桃炎・気管支炎・中耳炎)にアロマケア

Cooria

暑さも増して体力を消耗してしまう時期。
エアコンの寒さでうっかり夏風邪を引いちゃった
そんな方にオススメのアロマケアをご紹介します。

この時期に多いのが
喉の不調や気管支、そして中耳炎などのトラブル。
疲れて免疫が弱まることで発症したり
ウイルスが繁殖して炎症を起こしたり
前の日まで元気だったのに急に痛くなるなど
お出掛けの前日や旅行中だと本当に困りもの。

そこで…
私がそんな夏風邪を引いてみました♩
(と言うか、引いちゃったのです。久々に)
今回はなんと扁桃炎と中耳炎。
朝から何となく喉がイガイガするな〜なんて思っていたら
夜になったら耳の奥の方が痛い。
更には頭も痛くなり熱っぽさも。

そう言えば今週は仕事がハードだったな…とか
前の日に食事したレストランで
後頭部からの強烈なエアコンの風を受けていたな…とか
振り返っても後の祭り。

扁桃炎や中耳炎の場合
ウイルスが繁殖してしまうと
抗生剤を処方してもらわないといけなくなるのですが
夜だし病院も開いていない。しかも週末。
病院が開いていなーい。

そこで登場するのが「ティーツリー」精油。
ティーツリーには抗菌・抗ウイルス・抗炎症・鎮痛作用があります。

この精油を使ってトリートメントオイルを作ってみました。
作り方は簡単。
ホホバオイル5mlにティーツリー精油を1滴。
しっかり混ぜて
それを耳の周り(中には入れてはいけませんよ)
首の周りに添付して早めの就寝。

朝目覚めるとすっかり痛みはなし!

就寝前にミネラルウォーターを飲んで
沢山睡眠時間を取れば
殆どの場合回復に向かいます。

基本は栄養をしっかり摂りたっぷり睡眠。
病院に行けない、できれば薬に頼りたくないなど
自力で治したい時にオススメのアロマケアです。
それでも改善が見られない時は素直にお医者さんに。

そろそろ夏本番。
体調を崩さないよう、無理は禁物。ですね(^_^;)
セルフアロマケアで日々を快適に!

Chai’s Aroma Talk:汗疹・アトピー肌の夏ケア

 

 

Chai's Aroma Talk by Cooria こんにちは。
今回は夏の肌トラブルの一つでもある
「汗疹」(あせも)
そして、年中アトピー肌で悩む人のために
夏の素肌ケアについてご紹介します。

夏は汗をかきやすく外出中は素肌もベトベト。
吸水性のある素肌に優しい素材の服を選び
汗をかいたら拭き取る、帰宅後はシャワーやお風呂で清潔に。

そして…掻かないこと。
掻いてしまうと痒みの成分ヒスタミンが活性化し
余計に痒くなる一方。

痒みがひどい時はまず冷やすこと。
暖かいと余計に痒みを感じてしまいます。

炎症が起きている時
市販の湿疹薬やステロイド剤に頼りがちですが
まずはアロマで素肌に負担をかけずにケアしてみましょう。

それではここで
痒い皮膚炎に有効な精油をピックアップしてご紹介。

・メリッサ
・ブラックスプルース

まずはこちら「メリッサ」
別名レモンバーム。
清涼感がありレモンの香りに似ている植物。

メリッサはギリシャ語で「みつばち」
みつばちが好むことから名付けられたと言われています。

この植物から生まれる精油は
抗アレルギー作用・抗炎症作用で
アトピー性皮膚炎や湿疹に有効です。
こちらは「ブラックスプルース」
カナダが原産で高さ40mほどになる針葉樹。
ツーンとした清涼感のあるウッディ系の香り。

以前もご紹介しましたがこちらは
抗菌・抗ウイルス・抗炎症・抗アレルギー作用で
素肌の辛い痒みを緩和し
アトピー性皮膚炎でお悩みの方のお助け精油。


【オススメの使い方】

1枚目の画像
・MYM ORGANIC メリッサフローラルウォーター
・FINESSENCE ブラックスプルース精油

作り方は簡単、フローラルウォーターのボトルに精油を一滴入れ、よく振ってから痒みのある箇所に付けるだけ。フローラルウォーターがあれば、汗疹・アトピー肌の夏ケア用化粧水が簡単に出来ちゃいます。こちらは実際にクーリアの生徒さんがお子様へのケアに使っているブレンド方法。「ママ〜痒いからあれつけて〜」と大変気に入っているご様子。子供の安心する顔はママにとっても嬉しいものですね。

フローラルウォーター、精油はスタジオにてご購入頂けます。
希釈方法など、アロマテラピーの基本を学びたい方は講座の開催リクエストも承っております。↓

はじめてのアロマテラピー

Chai’s Aroma Talk:香りからの大切なメッセージ

Chai's Aroma Talk

数種類ある香りの中から
どれか一つを選ぶ時
私たちの心の作用は
どのように変化するのでしょうか?

「これは苦手」
「こっちのはまあまあ」
「これは好き!」

こんな風にまずは香りを感じ
今の自分の心で順位を付けたり
もしくは「どれも好き」「どれも苦手」なんて時もあるでしょう。

その香りをどう感じるのか
その香りに対して何を思うのか
そこには今のご自身への大切なメッセージが
隠れているかも知れません。

例えば…
「あ、この香り好き。何だか落ち着く。」
そんな時は慌ただしい日常から少しスローダウンし
心も体も休ませたいサインかも。

「この香り、スッキリして気持ちいい。」
そんな時は頭を使い過ぎているのかも知れません。

素直な気持ちで香りと向き合った時
今のあなたならどんな香りを求め
何を感じるでしょうか?

嗅覚から受け取る心と体のサインを見逃さず
自分が求めていることに気がつくと
ご自身にとって本当に大切なものが見えてくるでしょう。

あなたは今、どんな香りが気になり
何を思いますか?


基礎から楽しく学べるアロマテラピー講座はこちら↓
はじめてのアロマテラピー

Chai’s Aroma Talk:精油の希少価値

Cooria 精油(エッセンシャルオイル)を購入する際
こんなにも価格に幅があるの!?と驚くことがあるかも知れません。
その価格の差は「希少価値」
希少価値とは…生産が少なく珍しいもの。

一般的にはローズ・ネロリ・ジャスミン・アイリス
この辺りが希少価値の高い(高価な)精油として知られています。

FINESSENCEの精油なら
ダマスクローズ10%(5ml)6000円
そしてネロリ(2ml)8000円
こんな感じでちょっと気軽には購入できない価格ですよね。

ちなみに、この価格をよく見ると
ローズの場合は5ml中精油自体は10%です。
100%の精油で5mlだとしたら
更に購入へのハードルが上がってしまいます。

ネロリに関してはよく見ると2mlで8000円。
ボトルのサイズは一緒でも入っている容量はわずか。

古代では宝石と同じくらい貴重だった精油。
高貴な身分の方々しか使えなかったりなど
「一度は手にしてみたい」と心ときめく特別な精油への想いは
香りの魅力はもちろんですが
この希少価値が更に高めてしまうようです。

「欲しいけど…」とちょっと躊躇してしまうその気持ち
はい、凄くわかります。

でも、ローズ精油1滴を作るまでの行程を知ったり
期待できるその美容効果を思えば
「実はそんなに高くないのかも?」と思ってしまうのです。
ネロリのように内容量が2mlでも
精油1滴の量は 約0.05mlなので40滴分入っている計算に。

希少価値があり、高価だからこそ
自分にとって特別でご褒美のような精油となり
たった一滴でも凄い美容効果に繋がるのではないでしょうか。

手頃な価格の精油を普段使いに。
高価な精油を特別な日に。
これも精油を楽しむ醍醐味。

とは言え、どんなに高価な精油でも
それが苦手な香りかも知れません。
特別な日の香りは自分の「好き」が一番。
精油の価値はあなた自身が決めるもの。

さて、皆さんの特別は今どんな香りですか?


基礎から楽しく学べるアロマテラピー講座はこちら↓
はじめてのアロマテラピー

Chai’s Aroma Talk:高野山の和精油

Chai's Aroma Talk世界遺産、高野山の和精油

こちらは高野山の針葉樹として有名な
高野槙やヒバ、ヒノキから抽出した精油。

img_6774 img_6704

今年も新年に、標高800mに位置する
日本仏教の聖地の一つである高野山を訪れました。
全身で清らかな空気を吸い
身も心も洗われた…そんな気分です。

和精油とは?
フランスで誕生したアロマテラピーですが、
近年では日本で作られる精油も注目を浴びています。
日本にアロマテラピーが普及したのは80年代後半ですが
日本は古来からお香を焚いたり、
季節の植物をお風呂に浮かべたり(菖蒲湯や柚子湯など)
様々な場面で香りを楽しんできました。

日本にも素晴らしい自然の恵みが沢山。
クーリアでは、ヨガレッスンのプログラムによって
この和精油の香をお楽しみ頂く機会もございます。

日本の香をどうぞお楽しみに。

【和精油】
・杉(スギ):リフレッシュ・リラックス・安眠・抗菌・防虫
・檜(ヒノキ):心を鎮める・落ち着かせる・冷え・むくみ・防虫。防腐
・檜葉(ヒバ):ストレス解消・不眠・防虫・消臭

Chai’s Aroma talk:アロマで貧血を改善

 

Chai's Aroma Talk

 

こんな症状ありませんか?


【一般的な貧血の症状】
めまい、立ちくらみが起こる
体が疲れやすい
常に疲労感がある
早起が苦手
偏食が多く、食べ物も偏っている
頭が重い、偏頭痛がある
軽い運動をすると動悸や息切れがする
あまり食欲がない
飲み物に入っている氷を食べてしまう
爪がスプーン状になっている(反っている)
顔色が青白く血色が悪い
下まぶたの裏が白っぽい
月経の量が多い


私は飲み物の氷が好きなことと
月経血が多い以外は当てはまりませんでしたが
それでも「貧血」と診断されてしまいました。
検査の結果、月経血の量が原因とのこと。
自覚症状がなかったので貧血を放置していましたが
貧血は自覚症状がある方とない方がいらっしゃるようですね。

そんな訳で先日はケアレピのコラムでも貧血を特集。
記事はこちら↓
ケアレピ

そんな訳で、女性に多い「貧血」について
Aroma Talkでは貧血改善のお助けアロマ(精油)をご紹介します。


【貧血を改善する精油】
造血作用はありませんが、貧血を根本から改善に導く
体質改善的な精油として以下の種類をセレクト。

ローズマリー
血行促進作用がある。

レモン
赤血球や白血球の活性化を助けてくれる。

ブラックペッパー
新しく血液細胞をつくるよう働きかける。

ペパーミント
血液を体内に送り出す心臓の働きをよくする。


色々試してChaiのお気に入り
こんな精油もおすすめ。
それは「キャロットシード

野生のノラニンジンの種子から抽出される精油で
代表的なデトックス精油のひとつ。
「抗貧血」の作用があるとされるキャロットシード。
肝臓と腎臓の機能を調整し毛細血管を強壮し
静脈瘤を予防する作用、肝細胞を再生する作用も
この精油の特徴として注目されています。

香りは…好き嫌いが分かれますが
青臭く甘い香りです。


鉄瓶での鉄瓶補給と貧血改善の精油で作成した
オリジナルブレンドのアロマクラフトを使ったセルフケアで
最近は氷を食べたいと思わなくなりました(笑)
このまましばらく様子を見てみたいと思います。

同じく貧血でお悩みの方へ
おすすめのアロマでした♩

はじめてのアロマテラピー

Chai’s Aroma Talk:冷え性にオススメのアロマ

Chai's Aroma Talkレッスン中「冷え性の人いますか?」
「もしくは今冷えていると感じる人?」
と聞くと殆どの生徒さんが手を挙げてしまいます。

冷え性は末梢血管への血行障害により手足が冷え
体温が下がってしまい「冷たい」と感じること。
女性に冷え性が多いのは男性よりも筋肉量が少なく
脂肪も多いことが原因の一つ。
(筋肉は熱を生産し、脂肪は生産しないため)

ホルモンバランスの崩れからも
自律神経の乱れが起こり血行障害が発生。
更年期の場合もホルモンバランスの乱れにより
頭はのぼせ、手足は冷える状況を作り出します。


冷え性がひどくなると起こる症状

・頭痛
・肩こり
・月経痛や月経不順
・不眠
・腎機能の低下
・胃腸障害


冷え性のタイプ別おすすめアロマ

冷えて気力が減っていく(元気の出ない)タイプ
・スィートマージョラム
ちょっとスパイシーでスッキリとした香り

冷えて肩がこる、生理痛がある瘀血(血液ドロドロ)タイプ
・ティーツリー
クールでシャープな香り

上半身のぼせと下半身冷えの混合(アンバランス)タイプ
・オレンジスィート
甘くフレッシュな香り


トリートメントオイルを作成したり
ディフューザーで芳香浴を楽しんだり
様々な方法でアロマを取り入れ
今年の冬は「冷え性」から卒業できるといいですね。


アロマの取りお扱い方法など
基本を学びたい方はこちらの講座をどうぞ↓

はじめてのアロマテラピー

Chai’s Aroma Talk:頭皮ケアにオススメの精油

Chai's Aroma Talk
先日こちらケアレピコラム↓で
Carerepe
頭皮ケアの記事を書きましたが

今回は頭皮ケアにオススメの精油をいくつかご紹介します。


メリッサ:フケを抑える。乾燥による痒み、炎症を抑える。
ベイローレル:フケを抑える。頭皮、毛髪を強化させる。毛髪の成長を促す。
サイプレス:余分な皮脂を取り、抜け毛を予防。育毛を促す。
ニアウリ:脂っぽい頭皮とフケの改善。
ローズマリー:フケを抑える。毛髪の成長を促します。血行促進。
イランイラン:抜け毛を防ぐ。髪の成長を促進させる。
シダーウッド アトラス:フケや抜け毛を防ぐ。
ラベンダー:毛髪の成長を促進。抜け毛を予防。
カモミール ジャーマン:頭皮に潤いを与え清潔にする。
クラリセージ:毛髪の成長を促進させる。脂っぽい頭皮とフケの改善。
パルマローザ:頭皮のフケ予防。痒み緩和。頭皮の湿疹を改善。


秋冬の乾燥する時期
既にフケや痒みに悩まされている方もそうでない方も
頭皮の健康を保つために毎日のセルフケアがオススメ。


フローラルウォーターで簡単ヘアケア♪

芳香蒸留水(フローラルウォーター)に
上記のオススメ精油をブレンドしてヘアケアスプレーを作り
朝晩の洗髪後にヘッドマッサージを行うとより効果的です。

恋するアロマ

Chai's Aroma Talkー恋する女性は美しいー

そんな言葉があるように
恋は女性を綺麗にすると言われています。

まだ恋が始まっていない方なら
香りで女性性を高めたり
恋する勇気を貰ったり

マンネリ化を感じるカップル・夫婦なら
心にときめきを与えたり

深まる秋と共に…
五感を心地よく刺激する
恋のアロマを香らせてみてはいかがでしょう?


オススメの精油はこちら

●イランイラン:気分を高揚させる・美意識を取り戻し
自分や相手の魅力を改めて気付かせてくれる。

●ダマスクローズ:女性らしさを高め(女性ホルモン調整)
自分にも周りにも愛する気持ちが増す。

●ネロリ:女子ホルモンに似た働きのネロリドール成分が
恋に対して前向きな気持ちにさせてくれる。

●パチュリ:男性に対して大胆になれる香り。
想いを打ち明けるときにも勇気を与えてくれる。

●サンダルウッド;一緒に過ごす相手との関係を深める。
ゆったりとリラックスしながら心が繋がるような香り。


恋する香りとメッセージ
気になる精油はありましたか?

この秋、誰かに恋する気持ちがきっと
あなたを更に美しくすることでしょう♡

アロマテラピー講座にコーヒー豆!?

Chai's Aroma Talk
アロマテラピー講座の際、必要なのが
この「コーヒー豆」

あ、アロマを堪能しながら飲む訳じゃありません。
念のため…

講座中は沢山の精油の香りを嗅ぎます。
あれもいいこれもいいと
たっぷり自然の香りを満喫していると

「ん?鼻がバカになってきた?」

私たちの嗅覚は様々な香りを試しているうちに
だんだんと香りの違いがわからなくなってしまいます。

嗅覚をリセットしたい

嗅覚を戻す方法が幾つかあるのでご紹介。

「窓を開ける」
「一度外に出る」
「顔を洗う」

う〜ん、どれもちょっと…
講座中はそんなバタバタもしていられません。

そこで使うのがコーヒー豆。

香水好きの方ならご存知かも知れません
お店に並ぶ香水瓶の近くに
こんな風にコーヒー豆がカップや瓶に入れて
置いてある光景を。

コーヒー豆には嗅覚をリセットする作用があり
オシャレな香水店やアロマショップでは
コーヒー豆が一番嗅覚リセットには適しているようですね。

皆様も是非お試しください。


Cooriaで学ぶアロマテラピー
はじめてのアロマテラピー

Chai’s Aroma Talk:アトピー肌に「ブラックスプルース」

Chai's Aroma Talk何かとストレスの多い現代、幼い子供から大人まで
アトピー性皮膚炎に悩み
ステロイド治療をされている方は少なくありません。

ステロイドは皮膚の炎症を抑えるために有効ですが
その副作用を気にされる方も多く
選択肢があるならばできれば頼りたくない治療法。

では…他にどんな治療法があるのでしょうか?

近年、アトピー性皮膚炎の改善には
副作用のないアロマテラピーが注目されています。

「ブラックスプルース」
Black Spruce
森林にいるようなスッキリとしたウッディーグリーンの香り。

あまり聞いたことのない精油かも知れませんが
アトピーに悩む方には是非一度試して頂きたい精油の一つ。

優れた抗菌作用と痒みや抗炎症作用も期待され
喘息や気管支炎などにも有効とされています。

まさに天然のステロイド剤!?

ブラックスプルースにはステロイド剤と同等の
抗炎症作用があるのだとか。

これから空気の乾燥が気になる季節
たっぷりの保湿と副作用のない自然療法で
心のストレスを緩和しながら
アロマテラピーを生活に取り入れてみては如何でしょうか?

早速試したい、そんな方にはまず
たっぷりお湯を溜めたお風呂に
ブラックスプルースの精油を1〜2滴入れてお試しください。
(入浴前に湯船をかき混ぜてくださいね)
※万が一肌がチクチクした感覚がしたら入浴をやめ、シャワーで洗い流して下さい。
(全員のお肌に合うとは限らないため)

アトピーの改善だけでなく
深い樹木の香りは身心共にリラックスさせてくれるでしょう。

100%オーガニックFINESSENCEの
ブラックスプルース精油はスタジオにてオーダー可能です。
(Cooriaの YOGA/Color/Aroma会員様のみ)


アロマクラフト(スプレーやクリーム)作成方法や
アロマの基本が学べる「はじめてのアロマテラピー」講座はこちら。

はじめてのアロマテラピー